• HOME
  • 人を知る / 若手社員の本音トーク

若手社員4名に、NTT東日本に入社した決め手や、いまの仕事のやりがい、入社して意外に思ったことなどを、本音で語ってもらいました!

Member

藤村 悠平

藤村 悠平

NTT東日本 - 南関東
東京事業部 東京東支店
第一ビジネスイノベーション部
墨田区のスカイツリーのふもとで、中堅中小企業さま向けの法人営業を担当。
近藤 紗名

近藤 紗名

NTT東日本 - 南関東
千葉事業部 千葉支店
第二ビジネスイノベーション部
千葉県の公共団体のお客さまに対して、ソリューション営業を担当。
大塚 雄太

大塚 雄太

NTT東日本 - 南関東
神奈川事業部 川崎支店
設備部
神奈川県で設備部門に所属。(取材当時)
長塚 緩奈

長塚 緩奈

NTT東日本 - 東北
山形支店
ビジネスイノベーション部
山形支店で教育分野のシステムエンジニアを担当。

いまの仕事内容と、入社して意外だったこと

現在の仕事内容は?

大塚大塚 雄太

僕は設備の仕事をしています。通信サービスに何らかのトラブルが起きたときに対応する、事業第一線の仕事です。具体的に言うと、通信ケーブルを修理したり、お客さまの家やオフィスにお伺いして通信環境のサポートを行ったりします。技術系の中ではお客さまと一番近い業務をさせていただいていますね。お客さまにいただいたご意見をシステム開発や業務の改善に活かしていく、といった面ではとても重要なミッションを担っていると思います。

長塚長塚 緩奈

わたしは教育分野担当のシステムエンジニアとして、大学や高校など教育機関のネットワークをつくって、それを維持する業務に携わっています。ネットワークの選定からはじまり、「新たに導入するハードの機種は、以前と比べてどう違うのか」「お客さまの要望を満たしているのか」「お客さまがどのくらいネットワークの量を使用しているのか」などを綿密に調査して、お客さまの要望に沿ったネットワークの構成を仕上げていきます。予算と機能面を考慮しつつネットワークの構成を考え、提案する場合もありますね。いつも課長に「長塚さんがやっている案件は、家が何戸も買えるぐらいのお金が動いているのだから責任は重大。適当な提案をするのは絶対にダメだ」と言われます。常に責任を持ってお客さまの要望に沿えるものを提案しようと考えています。それがやりがいにもつながっていますね。

近藤近藤 紗名

入社前は、「システムエンジニアって、社内でプログラミングなどをするのかな?」とイメージしていたのですが、NTT東日本のシステムエンジニアは、わたしのような営業担当と組んで、お客さまの近くで技術的な面のフォローをします。かつ、お客さまからヒアリングしたニーズを満たした仕様で、ネットワークの設計を整えてくれます。わたし自身は、公共団体をお客さまとして、比較的規模の大きな業務に携わっています。具体的な仕事内容は、お客さまを訪問して困っていることなどを聞き、それに対してICTサービスを活用した解決策ご提案をする、という感じです。現在担当している案件には、「オフィスの中にあるネットワーク機器のリニューアル」などがあり、そういった場合は2∼3億円ぐらいが動きます。実際に導入が決まった後は、本社や設備部など、さまざまな部署と連携して仕事を動かしていかなければならないので、プロジェクトマネージャーとして、すべてのプロセスの調整をしていきます。公共のお客さまに対する営業の醍醐味は、「お客さまの業務課題を解決する」という、顕在化された課題に対する提案だけでなく、その先の地方創生、子育て支援など、さまざまな社会的課題を解決する手立てになるようなご案内もできることです。「耳の不自由な方々が庁舎にいらっしゃったときに迅速に対応できるように、遠隔での手話通訳を導入しませんか?」といったご提案も現在行っています。このような、市民の方々への利便性を向上させられる提案ができるのが、法人営業の楽しいところですね。

藤村藤村 悠平

僕も同じ法人営業で、中小企業のお客さまへの営業が中心です。自分の両親が商店をやっているのもあり、「中小規模の営業に携わってみたい、地域のみなさんの意見を間近で聞いてみたい」という思いがありました。いまはプロジェクトチームに入っていて、そちらで営業を行っているのですが、学生のころに思い描いていた営業マンのイメージとはちょっと違うなぁと感じていて。ただモノを売るのではなく、自分たちで企画を考えて、その企画が本当に上手くいくのか検証してみて、上手くいかなかったらまた別の企画を考え、上手くいったらほかにも導入して成果を最大化しましょう、というやり方をしています。また、中小企業のお客さまは、すなわちその会社を切り盛りする「経営者」であるケースが多く、こちらとしてもビジネスに関する知識や、お客さまの業界・事業に関する知識が必須になります。そういった面でも、次のステップにつながる経験ができていると感じますね。

入社して意外だったことは?

長塚長塚 緩奈

入社前は、「NTT東日本は年功序列がしっかりしている」というイメージがありました。入ってみると、そうでもないですよね?

大塚大塚 雄太

たしかに、厳格な年功序列って感じではないですね。エスカレーター式に昇進していくみたいなこともぜんぜんないですし。

藤村藤村 悠平

僕は、「すごく固い会社で、若手は何もできないのかな」みたいなイメージがありました。僕はインターンシップに参加したのですが、「とりあえず、NTT東日本は知名度があるから応募しておこう」という気持ちが正直あって……(笑)。「ガチガチにお固い会社なんだろうな」と思いながら行ったら、すごくフランクでビックリしました! 入社してみたら、「え、まだ入社1年目なんだけど!」という感じで、意外にも実践的なことにいろいろトライさせてくれて、それにも驚きました。堅いイメージだったのに、若手に裁量権がすごくあって、最初のうちからいろいろやらせてもらえる、という部分では、いい意味で裏切られましたね。

長塚長塚 緩奈

自分は生物医療の研究をしていたので、システムエンジニアの仕事内容はまったくわからない状態でした。でもNTT東日本は研修がしっかりしているから、研修時にひと通りの知識を身につけることができました。その後は現場で、ルーターを調整したり、ネットワーク機器を調整したりなど、最初は本当に小規模の案件からスタート。そして徐々に大きな責任のある案件を任せてもらえるようになりました。最初は先輩が一緒に来てくれて、上手くフォローしてもらいながら、徐々にいろんなスキルを身につけていった感じです。

近藤長塚 緩奈

わたしは入社前に、「福祉系の仕事をやりたい」というお話をしていて、課長や部長にも相談していました。すると「それなら、お客さまの福祉系の部署を担当して、自分で提案してみれば?」と、2年目で担当を持たせてもらいました。「入社10年ぐらい経ったら、やっと入社前に描いていたような理想の提案ができるのかな?」と、なんとなくイメージしていたのですが、まさかこんなに早く叶うとは……。「1年目、2年目は業務の基礎知識を身につけよう」と思っていたんですけど、2年目でさっそく福祉系の部署を担当させてもらい、そういう意味では良い意味でイメージとのギャップを感じています。

藤村藤村 悠平

2年目、3年目から希望が叶うというのは、すごく意外なギャップですよね。NTT東日本って、お客さまからはすごく「誠実・堅実」に見られて、「固そうだな」と思われていることが多いと思うのですが、実は中の組織はけっこう柔軟。外から見られている面と、中から見るのでは確かにギャップがありますね。