NTT東日本 Recruiting 2022

NTT東日本グループTOPへ

  • TOP
  • 会社を知る - 01 通信の役割・しくみ

About NTT EAST -会社を知る

01通信の役割・しくみ

見えないチカラで
つなげてうみだす!
通信が果たす3つの役割

わたしたちが日々、あたりまえのように使っている「通信」は、見えないところでひとびとや企業や世の中をつなげて、新しい何かをうみだしてきました。通信が果たす3つの役割をご紹介します。

  1. Part01社会を支えるライフライン

    通信は、電話やメール、SNSなどのコミュニケーション手段だけではなく、信号機やATM、セキュリティカメラ、クレジットカードなど、社会の基盤となるあらゆるサービスで活用されています。通信そのものを直接目にすることはなくとも、現在のわたしたちの生活は、通信なしでは成り立たないと言っても過言ではありません。

  2. Part02クラウド社会のイネーブラー

    SNSやコンテンツ配信など、さまざまなサービスがネットワークを介して提供されています。これが“クラウド”です。ユーザーは、ネットワークにつながるデバイスさえあれば、必要な情報を、必要なときに、必要な分だけ利用可能。「所有」から「利用」へ、産業構造を大きく転換するクラウド化をリードしているのが通信です。

  3. Part03AI/IoT/ビッグデータ時代の
    イノベーター

    あらゆるものがインターネットで結ばれるIoT(モノのインターネット)の時代が急速に形づくられ、情報がビッグデータとして蓄積されています。未来の社会は、いま、わたしたちが見ている世界とは、全く異なっているかも。そのカギとなる通信は、これからも、あらゆる人、企業、世の中をつなげて、新しい社会をうみだします。

無線サービスも
固定ネットワークで
つながっている!
通信がつながるしくみ

わたしたちが普段、あたりまえのように使っている「LTE」や「Wi-Fi」。これらの無線サービスが使えるのも実は「固定ネットワーク」があればこそ。
たった今、あなたがスマホから送信したメッセージも、遠く離れたスマホまで「固定ネットワーク」を通じて、「光の速さ」で運ばれているのです。

TOKYO

SAPPORO

固定ネットワーク

送信されたデータは固定ネットワーク(光ファイバー)を通じて札幌まで運ばれる

無線サービス
(Wi-Fi、LTE)

固定ネットワーク
までデータを送信

メッセージを送信

メッセージを受信

固定ネットワーク(光ファイバー)は、光の速さ(1秒間に地球を7周半)でデータを送信

メッセージを送信

無線サービス
(Wi-Fi、LTE)

固定ネットワーク
までデータを送信

TOKYO

固定ネットワーク

送信されたデータは固定ネットワーク(光ファイバー)を通じて札幌まで運ばれる

SAPPORO

メッセージを受信

固定ネットワーク(光ファイバー)は、
光の速さ(1秒間に地球を7周半)で
データを送信

通信を支える、
NTT東日本の設備たち

? ? ? ?

ひとびとの生活やビジネスに欠かせない「通信」。NTT東日本が巨大な設備でこの「通信」を支えています。

各エリアからのアクセスをまとめる

ネットワーク系設備

通信ビル

通信ビル内にあるサーバーやルーターは、各エリアからのアクセスを“まとめる”機能を持ち、それらをネットワーク系設備と呼びます。重要な回線も多く、管理する責任は重大。「つながるあたりまえ」を守るため、24時間管理を続けています。

通信ビルとお客さま宅をつなげる

アクセス系設備

  • 電柱

  • 光ファイバー
    ケーブル

  • とう道

光ケーブルや電柱などのアクセス系設備は、NTT東日本の通信ビルからお客さま宅やオフィスまでを“つなげる”役割を担っています。都市部か住宅部か、また積雪や凍結、雷などの気候特性はあるかなど、エリアに合わせて構築されています。

※とう道:通信ケーブルやガス管などを敷設するための、専用の地下道。

  • 電柱の数

    (2020年3月31日時点)

    567

  • 光ファイバーの 総敷設の長さ

    (2020年3月31日時点)

    75km

  • とう道の総距離

    (2020年3月31日時点)

    406km

設備投資計画額

(2020年8月時点)

2,680