NTT東日本 Recruiting 2022

NTT東日本グループTOPへ

Interview -人を知る

地域のコーディネーターであり続けるために、新たなビジネスを創出していく!

中堅社員Interview

Shunsuke KADOWAKI 門脇 俊介

協業ビジネス推進

経営企画部
営業戦略推進室

  • 2011.10 〜 2014.6

    宮城支店 オフィス営業部 石巻オフィス営業担当

    コンサルティング営業

  • 2014.7 〜 2017.6

    ビジネス&オフィス営業推進本部
    第一ビジネス営業部 医療・ヘルスケア事業推進室

    コンサルティング営業

  • 2017.7 〜 2018.10

    経営企画部 グループ事業推進部門
    グループ事業企画担当

    コーポレートスタッフ

  • 2018.10 〜 現在

    経営企画部 営業戦略推進室/
    経営企画部 中期経営戦略推進室
    シェアリングエコノミー推進PT 兼務

    協業ビジネス推進

KADOWAKI's Career Design

  • 1年目〜3年目

    地域の課題を肌で感じながら、お客様に寄り添ったソリューションを提案

    宮城支店の石巻営業所で、中堅中小企業へのコンサルティング営業を担当。通信機器やネットワークサービスなどの提案をしていく中で、お客様の課題やニーズを汲み上げ、お客様が何を求めているのか仮説を立て、検証することの重要性に気づく。東日本大震災の被災地でもある石巻で地域の課題や通信の重要性を肌で感じながら、ソリューション提案を行う。

  • 4年目〜6年目

    日本の医療分野を支える責任感を味わう

    本社へ異動し、医療業界関連の省庁や関連団体を顧客とした大規模法人へのコンサルティング営業を担当。自身の提案が国策に反映される責任感を感じながらも、石巻営業所時代に培った課題解決力で、大規模データセンター受注に繋げる。

  • 7年目

    NTT東日本グループ会社の経営に携わり、経営視点を培う

    本社のコーポレートスタッフとして、NTT東日本グループ会社全体の経営改善業務を行う。出資会社に対する出資効果の最大化とリスクヘッジのバランスを調整しながら、ファイナンスや法律の知識を習得し、経営視点を養う。

  • 8年目〜現在

    NTT東日本が地域のコーディネーターであり続けるための新事業を創出

    地域活性化につなげる新たなビジネスモデル創出に携わる。通信事業だけでなく、非通信分野も含めた新事業を検討する中で、観光振興支援事業やシェアリング事業を担当し、NTT東日本が地域のコーディネーターであり続けるために日々奮闘している。

Interview

  • 中小企業の小さなニーズから国の政策まで、自身の課題解決力とプロジェクト推進力で貢献していく。

    初期配属は宮城支店の石巻営業所で、中堅中小企業向けのコンサルティング営業を担当。100社以上のお客様を相手に課題やニーズをヒアリングし、通信・ICTの力でそれらを解決していくための提案活動を行っていました。私の配属された石巻は東日本大震災の被災地でもあったので、事業を再開したいというニーズがあっても、そもそも会社や店舗が倒壊してしまっているような状況でした。「少しでも早くお客様が事業を再開できるように」という気持ちで、自治体等と連携して仮設商店街の設立に参画したり、足繁くお客様のところに通いながら情報提供をしたりすることで、お客様から徐々に信頼を得ることができ、新しいビジネスをしたいと相談をいただいたことは大きなやりがいに繋がりました。

    その後は本社の医療ヘルスケア事業推進室で、医療業界関連の省庁・関連団体を顧客とした大規模法人営業を担当。NTT東日本が提供していた医療機関向けのネットワークを他の事業にどう広めていくか、どんな新しいビジネスができるのかという可能性を模索していく中で、自分の提案が国策に反映されることもあり、とても使命感のある仕事でしたね。会社の枠を飛び越え、社外の方とも連携していく必要もあり、広い視野でプロジェクトを進めていくマネジメントのスキルも培われたと思います。また、これから超高齢化社会を迎える日本において、NTT東日本の医療への取り組みを知り、情報通信の可能性を強く感じた瞬間でもありました。

  • 地域のコーディネーターであり続けるために、新事業で10年後の未来を作っていく。

    その後、NTT東日本グループ全体の経営に携わるグループ事業推進部門で、ファイナンスや法律の知識を習得し経営視点を養ったのちに、現在の営業戦略推進室へと異動しました。NTT東日本の新規ビジネスを創設する部署で、観光振興支援事業や地域ならではのメリットを活用したシェアリング事業の検討を行っています。具体的には、当社の通信ビルの駐車場など遊休資産となっていた土地を有効活用し、地域の観光促進に寄与する車中泊スポットの提供や、会社が休みとなる土休日等には遊休資産となっていたNTT東日本グループが保有する約8,000台の業務用車両を活用したカーシェアリングサービスの提供なども行ってきました。当社のアセットを最大限に活用しつつ、地域課題の解決に貢献できるのではないかという想いから新たなアセット活用ビジネスへと昇華させていきました。通信・非通信分野を横断した新規ビジネス創出は、当社の中でも手本のないチャレンジとなるため大変なミッションではありますが、地域のニーズを汲み上げ、当社の5年後、10年後の未来を作るチャレンジができるので、やりがいも大きいですね。私は宮城の事業所から本社の経営に関することまで、様々な部署を経験させてもらっていますが、これまで培ってきた経験が活きるキャリアで仕事ができているなと充実感を感じています。

    NTT東日本は地域のコーディネーターとして、多種多様な課題解決に向けた仕組みを創り続ける企業です。課題があったときに、「本当にそのやり方でいいのか?」と前提から考え、自分の意思や意見を持って行動に移せるような人が求められていると感じます。通信分野でも最先端の技術が続々と出てきておりますが、新たな可能性を模索し、一緒に考え、そして行動できる方と働けたら嬉しいです。「NTT東日本に頼んだら何とかしてくれる」と言ってもらえるような企業に一緒にしていきましょう。

Privateショット

ワタシPrivateの写真

休日に家族と小旅行へ。温泉などでまったり。

ワタシPrivateの写真

有給休暇を活用して同期・同僚・友人とゴルフへ!仕事の日より早起きかも・・・?!

中堅社員Interview 一覧

※掲載内容は取材当時のものです