ソリューション営業分野 コンサルティング営業 今泉 美彩 NTT東日本-関信越 埼玉支店 次世代オフィスICT部門(取材当時) 2013年入社 文化構想学部卒

  • 最新のICT技術と
  • 中小企業のニーズをつなげて、
  • 地方創生をうみだせ。

付加価値が提供できる
通信サービスを提案

中小企業のお客さまを訪問し、クラウドやWi-Fiなどの通信サービスを活用したお客さまの経営課題の解決を提案しています。わたしの仕事は、お客さまとなる企業のビジネス全体の状況を深く理解していないと最適な提案ができません。心がけているのは、日々の情報収集。常にアンテナを高く張って仕事をしています。お客さまの経営課題やニーズは当然、お客さまごとに異なります。それらをヒアリングでしっかりと把握し、ときには、お客さまのご要望をシステムエンジニアや設備部門と共有しながら、提案内容をつくり上げていきます。さらに、わたしたち営業が足を運んで得た経験・情報を、いかに新たなサービス開発や、営業手法の確立に活かせるかを考えながら、仕事に取り組んでいます。

お客さまの状況を深く理解することで信頼関係を築く

これまでの業務経験を通して、「お客さまに寄り添うことがとても大切」だと実感しています。わたしたちコンサルティング営業の仕事は、通信サービスや通信機器を販売したら終わりではなく、継続的した関係の維持が不可欠です。お客さまの会社の事業内容や、担当者の方の業務内容まで幅広く関心を持ち、そこから信頼関係を構築することが、顕在化していないニーズや課題を引き出すことにつながるのです。強い関係性を築くことができれば、お客さまの方から相談していただけたり、新たなお客さまをご紹介いただけることもあります。そんなときはとても嬉しく、やりがいを感じますね。

裁量権と自由度の高い社風が魅力

NTT東日本で実際に仕事をして、“魅力的”だと感じる点は、学生時代に想像していたよりも、一人ひとりに与えられる裁量が大きいこと。訪問から提案まで一人称で進められるので、“自分のお客さま”と言える付き合いが増え、それが仕事の醍醐味につながります。もちろん、入社当初は通信サービスに関する知識はゼロに等しく、また、お客さまの多くは中小企業の「経営者」ですので、経営やビジネスに関する知識も何倍も豊富。苦い経験もありましたが、提案の経験を重ねるうちに自信をもってお客さまに接することができるようになったと感じています。また、新しいことが歓迎される社風も魅力ですね。お客さまのニーズに応じて他社の商品やサービスをNTT東日本のサービスと組み合わせて販売することも可能で、企業としてとても柔軟性が高いと思います。でもこれは逆に言うと、「市場や他企業さまの動きを知らないと新鮮な提案ができない」ということを意味するので、常に緊張感を持って向き合える仕事ともいえますね。

中小企業の力になることで、地方創生に貢献したい

営業の現場と、新サービスなどの開発系部署を行き来しながらキャリアを積み、常に中小企業さまの期待を超え続けられるような、プロフェッショナルな人材になりたいです。というのもわたしは、“中小企業こそが日本を支える土台”と考えているからです。日本の企業の9割以上が実は中小企業。中小企業が元気であれば、日本全体も上向くはず。地域の中小企業さまのICT環境を進化させることを通じて、一人ひとりが柔軟に働くことのできる社会をうみだし、ひいては地方創生に貢献したいです。