武田信玄とWi-Fiをつなげて、
巡れる観光地をうみだせ。

武田信玄

武田信玄
課 題
開府500年&武田信玄の
生誕から500年を迎えた甲府市

Wi-Fi

Wi-Fi
解 決
Wi-Fiと人気ゲームをコラボ
スタンプラリーで地域活性化

巡れる観光地

巡れる観光地

Project Story #03

甲府市観光活性化プロジェクト

開府500年、武田信玄の生誕から500年という2つのメモリアルイヤーを迎える甲府市。この機会に日本有数の観光資源をPRし、訪れた観光客が各地を周遊したくなる仕掛けをうみだす必要がありました。
この課題にNTT東日本は、Wi-Fiと人気ゲーム「戦国BASARA」を組み合わせたプランを提案。話題性や集客力アップ、そして回遊性向上を実現させました。

Project Member

望月 良彦

望月 良彦

甲府市 産業部
観光商工室 観光課
観光による甲府市の活性化を目指し、NTT東日本を課題解決のパートナーに選定。
唐木 麻衣

唐木 麻衣

甲府市 産業部
観光商工室 観光課
「戦国BASARA」のキャラクターを活用したスタンプラリーやグッズの企画・制作に従事。
稲葉 剛

稲葉 剛

株式会社カプコン
第四開発部
人気ゲーム「戦国BASARA」シリーズなどの開発担当者。
久保山 直樹

久保山 直樹

エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム
Wi-Fiプラットフォーム部
(出向)
プロジェクト実施時はNTT東日本 山梨支店に在籍。主担当としてプロジェクトを牽引。
狭間 裕貴

狭間 裕貴

NTT東日本-南関東
東京事業部 山梨支店
営業部/
ビジネスイノベーション部
久保山の後任。甲府市と連携しながら、地域活性化に向けた各種取り組みの提案に従事。

地域とつながり、集客に貢献して初めて、NTT東日本の存在意義がうまれる。

今回のプロジェクトがスタートした経緯について教えてください。

久保山

戦国時代の名将・武田信玄の命日にちなんだ「信玄公祭り」が発端です。山梨支店は、毎年、山縣隊として祭りに参加させていただいているのですが、以前から地域で事業活動を展開する立場からは、もっと貢献できる余地があるのではと思っていました。そこで考えたのが、公衆無線LANの整備を通じて観光客誘致につなげるというプランです。信玄公祭りでの関係性をもとに、甲府市さんへ相談したところ、「継続して、市の観光を活性化させるような提案を考えてほしい」というお申し出をいただきました。

望月

従前の甲府市観光は、武田神社や昇仙峡に集中してしまい、温泉や数々の史跡、ワイナリーなど、甲府市特有の多種多様な観光資源が宝の持ち腐れになっていました。開府から500年の2019年、武田信玄の生誕から500年の2021年は、観光収入を増やす絶好機。それまでに注目度を高め、観光に訪れた方の回遊性を高めるような施策の考案が喫緊の課題だったのです。自発的に地域活性化案を持ちかけてくださった久保山さんなら、いい知恵を出してくれるのでは、と期待したわけです。

依頼を受け、どのような提案にまとめたのでしょう?

久保山

まずは、当社のWi-Fiサービスを活用して、スタンプラリーで市内の史跡を巡るという企画を提案したのですが…。
 

望月

「行ってみよう!」という行動喚起になるとは思えなかったんです。無理難題は承知の上で「もっとワクワクするようなモノを」と、再提案をお願いしました。

久保山

たしかに自分自身がスタンプラリーがあっても甲府には来ないなと。見事に痛いところを突かれた感じでしたね(笑)。改めて、提供可能なWi-Fiサービスを見直しましたが、市外から人を連れてきて周遊させる問題解決にはつながりそうもない。完全に行き詰まりました。

その行き詰まりを、どう打開したのでしょう?

久保山

自社サービスありきの前提を捨て、一般の方の目線から、あるべきサービス像をとらえ直すことにしました。それで、求心力を発揮し人を動かすには、ソフトが大事ということを再認識しました。問題は、NTT東日本ではソフトコンテンツを手がけていないこと。悩むなか、頭に浮かんだのが、私自身がファンでもあり、武田信玄がキャラクターとして登場するゲームソフト「戦国BASARA」でした。さっそくメーカーのカプコンさんについて調べてみると、地域活性化や治安向上の取り組みに、人気ゲームのキャラクターを提供していらっしゃると知ったのです。「これなら“ワクワク感”を加えられる」と確信し、望月さんに打診しました。