• HOME
  • 会社を知る / 通信の役割・しくみ

見えないチカラでつなげてうみだす! 通信が果たす3つの役割

わたしたちが日々、あたりまえのように使っている「通信」は、見えないところでひとびとや企業や世の中をつなげて、
新しい何かをうみだしてきました。通信が果たす3つの役割をご紹介します。

1社会を支える
ライフライン
通信は、電話やメール、SNSなどのコミュニケーション手段だけではなく、信号機やATM、セキュリティカメラ、クレジットカードなど、社会の基盤となるあらゆるサービスで活用されています。通信そのものを直接目にすることはなくとも、現在のわたしたちの生活は、通信なしでは成り立たないと言っても過言ではありません。
2クラウド社会の
イネーブラー
SNSやコンテンツ配信など、さまざまなサービスがネットワークを介して提供されています。これが“クラウド”です。ユーザーは、ネットワークにつながるデバイスさえあれば、必要な情報を、必要なときに、必要な分だけ利用可能。「所有」から「利用」へ、産業構造を大きく転換するクラウド化をリードしているのが通信です。
3IoT/ビッグデータ
時代のイノベーター
あらゆるものがインターネットで結ばれるIoT(モノのインターネット)の時代が急速に形づくられ、情報がビッグデータとして蓄積されています。未来の社会は、いま、わたしたちが見ている世界とは、全く異なっているかも。そのカギとなる通信は、これからも、あらゆる人、企業、世の中をつなげて、新しい社会をうみだします。

無線サービスも固定ネットワークでつながっている!
通信がつながるしくみ

わたしたちが普段、あたりまえのように使っている「LTE」や「Wi-Fi」。
これらの無線サービスが使えるのも実は「固定ネットワーク」があればこそ。

たった今、あなたがスマホから送信したメッセージも、遠く離れたスマホまで
「固定ネットワーク」を通じて、「光の速さ」で運ばれているのです。

NTT東日本の固定ネットワーク

「固定ネットワーク」とは、すなわちNTT東日本が保有する巨大な通信設備。
ひとびとの生活やビジネスになくてはならない通信を支えるため
24時間365日の監視・復旧体制を構築しています。

これから来るIoTの時代にも、NTT東日本に寄せられる期待、
果たすべき役割はますます大きくなっていきます。