東京2020とNTT東日本の
通信サービスをつなげて、
夢の舞台の大成功をうみだせ。

東京2020

東京2020
課 題
2020年に、東京2020オリンピック
・パラリンピック競技大会が開催。

通信サービス

NTT東日本の通信サービス
解 決
NTTグループ(※)が、
その通信サービスを提供することに。

夢の舞台の大成功

夢の舞台の大成功

※NTTグループとは、NTT、NTT東日本、NTT西日本、NTTコミュニケーションズ、NTTドコモを指します。

Project Story #09

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会推進プロジェクト

2020年に開催される、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会。NTTグループ(※)は、大会公式のスポンサーとして、この夢の舞台を大成功に導くために奮闘しています。
2015年7月、法人のお客さま向けビジネスを主管する組織と、通信ネットワークの構築・運用をミッションとする組織の両方に「2020推進プロジェクトチーム」が発足。2年後の2017年7月には、全社一丸となりスピード感のある業務遂行を実現するために、組織を一本化し、社長直結の組織として「東京オリンピック・パラリンピック推進室」を立ち上げました。通信分野においては豊富な経験を有するメンバーが集う組織ですが、「オリンピック・パラリンピックでの通信サービス」を提供するのは全員初めて。「大会で求められる通信サービスとは何か?」「スポンサー間で協力すべきことは?」など試行錯誤を日々繰り返し、2020年の日本の通信サービスのあり方を見据えながら、一丸となって突き進んでいます。
※NTT東日本は、東京2020オリンピック・パラリンピックゴールド通信サービスパートナーです。

Project Member

武藤 健司

武藤 健司

NTT東日本
東京オリンピック
・パラリンピック推進室
プロジェクトコーディネーション部門
北村 淳

北村 淳

NTT東日本
東京オリンピック
・パラリンピック推進室
企画総務部門
金澤 祐雄

金澤 祐雄

NTT東日本
東京オリンピック
・パラリンピック推進室
ネットワーク部門
南 隼人

南 隼人

NTT東日本
東京オリンピック
・パラリンピック推進室
ネットワーク部門

ゴールドパートナーとして、大会成功のカギを握る通信サービスをうみだす。

はじめに、NTT東日本内でどのようなプロジェクトチームが発足されたのかを教えてください

武藤

2013年7月、アルゼンチンの首都・ブエノスアイレスで行われたIOC(国際オリンピック委員会)総会で、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催が決定しました。これを受けて2015年1月、NTTがパートナー契約を締結し、国内最高水準のスポンサーシッププログラムである「ゴールドパートナー」の第1号に決定しました(スポンサーシップのカテゴリーは「通信サービス」)。そして同年7月、NTT東日本はふたつの2020推進プロジェクトチームを発足。約30名からなる営業推進プロジェクトチームと、約10名からなるネットワーク推進プロジェクトチームです。それから2年が経ち、大会本番まで残り3年のタイミングとなる2017年7月に組織を統合し、営業・ネットワークの双方のチームが一体となった「東京オリンピック・パラリンピック推進室」が約60名の組織として立ち上がりました。

北村

プロジェクトチームのミッションは明確で、「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会で求められるサービスを企画し、それを実現する高品質な通信ネットワークを提供すること」です。これらのミッションを遂行することで、大会の成功に貢献することがプロジェクトチームに課せられた使命です。

プロジェクトの様子

大会を成功させるためのキーポイントはなんでしょうか?

武藤

ロンドン2012オリンピック・パラリンピック競技大会のセバスチャン・コー組織委員会会長が「オリンピック・パラリンピックを成功させるため、重要なポイントが3つある」と言っています。1つめは「ボランティア」。外国から多くの競技者、お客さまを迎える上で訓練されたボランティアの存在は大会運営に不可欠な要素です。2つめは「交通」。選手がストレスなく速やかに競技場へと移動できる環境が整ってこそ、大会は円滑に進行します。そして3つめが「通信サービス」です。ひとびとの記憶に残るのは映像や画像です。世界中に配信される映像をはじめ、大会運営に欠かせない各種システムを支える通信サービスの品質が、「大会成功のカギを握っている」と言っても過言ではありません。そして、この通信サービスを東京2020大会で一手に担うのが、NTTグループ(※)なのです。

プロジェクトチームとしては、まず何から着手したのですか?

武藤

わたしたちが最初に理解しなくてはいけなかったのが、「オリンピック・パラリンピックで提供される通信サービスとはどのようなものか」ということ。4年ごとに開催されるオリンピック・パラリンピック競技大会では、「ナレッジ・トランスファー」と呼ばれる、大会運営の各種ナレッジを継承する営みが伝統的に行われています。2016年12月に、IOC主催でナレッジ・トランスファーが行われ、リオから東京へナレッジのバトンが渡されたのですが、実際の"学び"はそれ以前からはじまっていました。

金澤

わたしは、通信サービスのナレッジを吸収するためにリオ2016オリンピック・パラリンピック競技大会に行きました。 率直に、「想像以上のスピードと変化が求められる」と感じましたね。大会期間中は、天候や競技の進行状況によって急遽対応しなくてはならないことが当然のように発生します。「どんなに急で難しい依頼であっても必ず完遂すること」は、大会にかかわる通信サービス企業が果たさなくてはいけないミッションなのです。大会本番に向けては何度もリハーサルを重ね、柔軟な体制を準備することにより、円滑に通信サービスを提供することができました。また、痛感したのが、お客さまが求めているものに対して、コストも含めてシンプルに最適解を提示することの重要性でした。

大会では、具体的にどのような通信サービスが求められるのでしょうか?

武藤

オリンピック・パラリンピック競技大会では、17日間で300種目を超える競技が開催されます。そのために200カ国以上から15,000人を超える選手が集結し、競う姿を20,000人超の記者やカメラマン、220社に及ぶ放送事業者が世界に向けて中継します。いまさら言うまでもなく、世界最大のグローバルなスポーツイベントなのです。その大会を支える通信サービスには、限界まで高めた可用性が求められており、非常に高い注目を集めています。

急速なICTの進化により、これまで以上に利便性と同時に安全性が求められます。大会成功に不可欠な要件と既存の通信設備やセキュリティ技術、ノウハウを融合させて、最適なネットワークを構築していくことで、安心・安全・快適な大会運営に貢献する必要があります。また、大会期間中はオーダーメイドかつ短納期での通信サービスの提供が求められるなど、ネットワークの構築の仕方から考え方を変えていかなければならないと思います。わたしたちがこの会社で「常識」と思っていることではなく、新しいやり方を実践する。非常にチャレンジングであり、新たな発想が求められています。

金澤

オリンピック・パラリンピック競技大会は、全世界でおよそ40億人の人が視聴するといわれています。非常に注目度が高いイベントであり、従来以上の高品質な通信サービスであることはもちろん、決して途切れることがない完璧な通信が求められています。それを実現するためには、想定されるあらゆるリスクを洗い出し、リスクを回避するネットワーク構成の検討と運用体制の整備が欠かせません。国内最大規模の通信インフラ事業者として、長年にわたって蓄積した知見やノウハウを活かす、またとないプロジェクトと言えるでしょう。

さらに、ネットワークの使われ方も大きく変わってきています。リオ2016大会では、ほとんどの人がスマートフォンを持ってインターネットやSNSを利用し、より大容量かつ大量のアップロードにも対応できるネットワークが求められました。2020には IoTが普及し、さまざまなモノを簡単につなぐことができるネットワークが求められると考えています。

金澤

もうひとつ忘れてはいけないのが、セキュリティ対策です。世界中から注目されるイベントだからこそ通信設備へのテロ対策も必要です。

※NTTグループとは、NTT、NTT東日本、NTT西日本、NTTコミュニケーションズ、NTTドコモを指します。