NTT東日本 Career Recruiting

Interview 人を知る

06 パーソナライズデータと
デジタルマーケティングを
つなげて、
新しいマーケットプレイスを
うみだせ。

06

二ノ宮 博士 Hiroshi NINOMIYA

サービス・プロダクト開発

ビジネス開発本部 第二部門
ダイレクトチャネル担当

2022年入社

これまでの経歴

アパレル企業のECサイト運営に携わった後、フラワーギフト通販事業会社にて、自社サイトの制作・運営や広告運用、メールマーケティングなど、デジタルマーケティング業務全般を長く担当。BtoC領域でのWEBマーケティング、システム構築の経験を活かし、2022年、NTT東日本に入社。

現在の主な業務

NTT東日本が提供する法人向けサイト運営を担うダイレクトチャネル担当テクノロジーチームとして、データを活用したコンテンツパーソナライズやカスタマーエクスペリエンス(CX)改善の施策立案から実行・推進に従事。データ活用に向けたUX/CXの企画・検討・整理、改善などを行う。また、全社的なデジタルマーケティング推進に向けた新たな仕組みの導入、システム開発の検討など、データ活用全般も主導している。

Question

  1. 01

    NTT東日本を選んだきっかけ・決め手

    これまでBtoC領域でのWEBマーケティングやシステム構築全般を20年弱経験してきました。20年の経歴の中でBtoCに関しては自分の中で“やり切った”感覚があり、新たにBtoB領域にもキャリアを拡大したいと考えたことが転職のきっかけです。これまでのキャリアで培ってきたWEBマーケティングのスキルを活かせる職種で検討していたところ、NTT東日本のWEBストアや法人向けサイトのCX向上を目指したコンテンツパーソナライズやデータ活用のポストを発見。NTT東日本では、これからデータを活用したコンテンツパーソナライズに重点的に取り組むというタイミングで、これはまさに私が前職で最も力を入れていた分野でした。自身のスキルを使い、新たな仕組みを一から作っていくことに魅力を感じ、入社を決めました。

  2. 02

    入社前後で変わったこと・気がついたこと

    私の勝手なイメージだったのですが、入社前は大企業だからこそ縦割りの体質で、組織を横断して業務に取り組むことが難しいのかもしれないという不安がありました。しかし、入社してみるとそんなことは一切ありませんでした。データ活用の高度化やデジタルマーケティング推進のために、組織の垣根はなく、社員間の連携がとても活発な印象を受けました。私が所属するチームでも、横のつながりはもちろん、社内で新しい仕組みを導入・検討する上で、部署を超えた連携が必要になった際、どの部署の方もとても協力的で働きやすい雰囲気があります。また、通信分野は私にとっては初めての領域ですが、周りの皆さんはとても親身になって新しい知識やスキルを教えてくださり、風通しが良い会社だなと感じています。

  3. 03

    NTT東日本で活きている前職のスキル・経験

    特に、データ活用やコンテンツパーソナライズの分野で、前職でのデジタルマーケティング業務で培ってきた知見が非常に活きていると実感しています。EC領域ではコンテンツパーソナライズや、“顧客ごとに合わせた接客”がキーワードになっています。そのような中「使いやすいサイトとは何か」「どうすれば収益拡大につながるのか」といった観点で、自身の知見が役立っていると感じます。まさに専門として携わってきた分野で、私の知見をチームメンバーに共有し、NTT東日本の新たな武器として活用できているのではないかと思います。また、SaaSツールにも慣れていたのでスピーディーに対応もできています。

  4. 04

    現在の業務でやりがいや成長を感じた点

    コンテンツパーソナライズの分野で施策の成果が出た時に一番やりがいを感じます。「アクセスが増えた」「問い合わせが増えた」「売上が増えた」などの数字面に加えて、今後はさらなるCX向上に向け、オンライン・オフラインの両面で、より快適な利用体験をお届けしたいと思っています。例えば、行動履歴を分析していく中で、思い描いていた導線を通ってくれていると、適切なサイト設計ができているということになると考えています。また、新しいシステムの導入プロジェクトで、さまざまな課題や障壁を一つずつ乗り越えた時に達成感を感じる部分もありますね。そして、NTT東日本の業務を通して、新たにICT分野の知識やスキルが身につき、自分自身のキャリアの広がりも実感しています。

  5. 05

    NTT東日本で働く上での面白さやメリット

    一緒に働く方々の能力が高く、新しいことへの学習意欲や挑戦するマインドを強く感じています。NTT東日本の仕事を通して「世の中を良くしていこう」という意識を持って働かれている方が多いので、私も良い刺激をたくさん受けています。また、社員の皆さんがロジカルにわかりやすい言葉で話してくれるので、難しい知識もスムーズに理解することができ、常に新しい情報をキャッチアップすることができます。社内制度でも、資格取得のサポートやさまざまな分野の研修・勉強会が充実しているため、意欲があればどんどん成長できます。また、私のチームはほとんどリモートワークで出社も月1回程度。仕事とプライベートとのバランスを取りながら働けています。入社当初からリモートワークですが、チャットやオンライン会議の活用が浸透しているので、仕事のやりにくさを感じたことはなく、社内メンバーとは意見もフラットに言い合える関係です。NTT東日本には、“堅い会社”といったイメージもあるかと思いますが、実際のところは社員の主体性を大切にしてくれるとても働きやすい環境ですね。チャレンジ精神が旺盛で、NTT東日本の武器と自らの知見を掛け合わせ、新しいビジネスを一緒に作っていけるような方は向いていると思います。

  6. 06

    今後の展望・目標

    全社組織横断でデータ活用を促進する仕組みを作りたいと考えています。NTT東日本には、私が担当しているWEBチャネルの他、インサイドセールスやフィールドセールスなど多くの販売のデータが蓄積されています。そのデータをより活用することで、社員がもっと効率的に活動できるようになり、お客さまへのサービス向上も可能になります。さらに、それをNTT東日本だけではなくグループ全体へ広げ、取り組んでいきたいと考えています。NTTグループで実現できたら、マーケティングに力を入れていきたいお客さまにも、我々の知見をご提供できるようになると良いなと考えています。

My Work

My Worksの写真

お客さまのその先の、日本の未来に貢献したい

現在、NTT東日本では、中小企業や地方の企業に寄り添っていくことに取り組んでいます。私も含め、社員は皆この志で働いています。私の場合は、さまざまなお客さまのお困りごとや経営課題に対しデータ活用の側面から解決したいと思っています。NTT東日本は社内の横の連携も強いので、日々社内のスペシャリストと会話をしながらお客さまの課題解決に取り組んでいます。そういった日々の業務を通して、単純に企業利益を上げるだけではなく、その先にある日本全体が良くなる未来に貢献していきたいと願っています。

※十分な感染対策を行い、撮影時の短時間のみマスクを外しています