NTT東日本 Career Recruiting

Information -採用情報

人事部長メッセージ

SHIGEHARA KATSUNORI

重原 勝則

NTT東日本 総務人事部長

  • 情報通信技術(ICT)で社会を動かす仕事
    〜「インフラ事業」から「サービス事業」へ

    NTT東日本というと、電話やインターネット回線といった通信の開発・提供、サービスの基盤となる通信設備の設計・構築・保守など、「重厚長大なインフラ会社」をイメージされる方が多いと思います。もちろんそれらの仕事は、変わることのない私たちの重要な責務です。昨今の新型コロナウィルス感染拡大によって世の中の情勢が大きく変わる中でも、私たちは通信によって皆さんの生活を支えてきました。

    一方、この10年ほどの間で最も大きく伸張した分野は、通信そのものの提供ではなく、ICTを用いて生活をより豊かに・便利にするソリューションを創り出す仕事です。例えば農業のIoT活用、eスポーツでの地域活性化、教育現場のDX推進など、様々な産業分野でICTの活用事例を生み出してきました。このように社会の要望にあわせて事業構造を転換することで、私たちは10年前の3倍を超える利益を生み出すまでに成長しています。

    そして今後の成長エンジンは、クラウド、AI、IoTなどのテクノロジーによる産業や生活のイノベーションであると考えています。もう少しかみ砕くと、これらのテクノロジーを用いて、日本の産業競争力の強化や、少子高齢化などに起因する社会的課題の解決をビジネスとして進めていく、ということです。しかし、「第4次産業革命」とも呼ばれるほどのインパクトとスピードで進展する技術革新を、NTT東日本の力のみでカバーしていくことは難しいため、今後の成長は様々な分野に強みを持つプレイヤーとの協業がポイントとなると考えています。

    実は、東日本エリアにある企業、公共機関、そして一般のご家庭のほとんど全てが私たちのお客さまです。私たちは、この広範囲な顧客基盤に加え、ブロードバンド・クラウドサービスのインフラ、東日本エリアを網羅する営業・サポート体制など、当社ならではの豊富な経営リソースを持つからこそ、産業の垣根を越えて多くのプレイヤーをつなぎ、未来のビジネスをコーディネートすることができると考えています。

    農業・製造業・サービス業といった企業から、国・自治体まで、様々なサービス提供者の事業に入り込み、新たなビジネスモデルを提案し、表層的なコンサルティングではなく、協業パートナーにカスタマイズしたサービスの開発・提供など、NTT東日本が持つ経営リソースを様々な形で提供し共同で事業を展開していく。このようなビジネスモデルの転換を、NTT東日本では「インフラ事業」から「サービス事業」へ、と呼んでいます。

    変わらない豊かな未来を創造するために、自らは変わり続けていく。それがNTT東日本という会社だと言えるでしょう。

  • 多様な業界知見や専門性の融合
    〜共に事業を創造していく〜

    NTT東日本は「インフラ事業」から「サービス事業」へ転換し続け、社会に新たなイノベーションを創造していきます。そのためには、これまでNTT東日本が磨いてきたICTやデジタルの技術に加え、様々な業界知見や先端技術に関する専門性を持った経験者の採用にも積極的に取り組み、共に事業を創造していくことが大切と考えています。

    これまで経験者採用でご入社いただいた皆さんは、たとえば、業界特化型営業、先端技術エンジニア、新規事業創出など、各分野に精通したプロフェッショナルとしてご活躍いただいており、多様なバックグラウンドが融合することで新たなシナジーや変化が生まれています。このように、様々な業界経験や専門性、多様な価値観が融合し、新たな風が吹き込むことで、さらに強くしなやかな組織になることができると考えています。楽しみながら常に挑戦し続けるマインドを持ち、これからの未来をいっしょに創造していきましょう。

    そして、社会やお客さまの課題を自分事として捉え、新たなアイデアを事業につなげていく、知識や技術をフル活用して事業として課題を解決する力が、次なる成長を実現するために必要です。皆さんには、変化する環境に適応していくことができる力、ご自身の思いを実現したいという情熱や突破力、他者を受け入れられる謙虚さや素直さを持ち、ご自身の経験や専門性をより深化させ続けて欲しいと考えています。

    NTT東日本のパーパスに共感・共鳴し、「社会を成長させるために、挑戦したいことがある」「自身の強みを活かして解決したい社会課題がある」という人に当社の扉を叩いて欲しいと願っています。通信業界のリーディングカンパニーとして培った多様なアセットを活用し、変革の当事者として共に大きな挑戦をしていきましょう。

その挑戦で未来を動かせ!