企業情報


ホーム > 企業情報 > 公開情報 > 電話網のふくそう > 電話のふくそうのしくみ > チケット予約時のふくそう制御のしくみ


チケット予約時のふくそう制御のしくみ

コンサートのチケット予約を例に紹介します。

チケットを予約するときは、事前にチケット予約に関する情報を雑誌や新聞などから入手します。

チケット予約の開始時刻と同時にチケット予約センターへの電話が一斉に集中します。

たくさんの電話が集中すると交換機の処理が過負荷の状態となります。

交換機は、処理の過負荷を自動的に検出し、トラヒック制御装置へ通知をおこないます。

ふくそう情報を受信したトラヒック制御装置はチケット予約センターの電話受付回線数に見合うように全国の交換機に対して、電話番号により接続量を制御します。

まとめ

  制御しない場合 制御する場合 記事
チケット予約で電話をされているお客さま 受付回線が話し中でなかなか接続できません。リダイヤルにより交換機の処理に支障をきたし、接続できなくなるおそれがあります。 受付回線数に応じて接続量を適正に制御します。 チケット予約の電話は、制御されても結果的につながる量は同じとなります。
それ以外でご利用のお客さま チケット予約の電話に圧迫され、電話がつながりにくくなります。 チケット予約の電話に圧迫されず平常時と同様のつながりやすさが確保されます。 一般電話でも公衆電話のような優先電話でも同様に制御され、つながりやすさは同じとなります。