2020年チームスローガン

Over The Top!

昨シーズンの“Boost!”(押し上げる)を継承。
さらに段階を上げたのがOver The Top(限界を超えて、思い切って)。
己の“限界“を個人でもチームでも超えていく。
トレーニング、レースにおいて自分のパフォーマンスを思い切って発揮する。
現状に満足せず常に上を目指していく。王者を超える絶対王者になるために。

チームヒストリー

沿革

  • 2019年 ・第97回全日本選手権 男子エイト4連覇(2019〜2016年)【大会連覇タイ記録・2度目】
    ・第97回全日本選手権 男子ダブルスカル 優勝
    ・第69回全日本社会人選手権 男子エイト 5連覇(2019〜2015年)【大会連覇記録・2度目】
    ・第69回全日本社会人選手権 男子シングルスカル 優勝
    ・第59回オックスフォード盾レガッタ 男子エイト 5連覇(2019〜2015年)【大会新記録】
    ・第59回オックスフォード盾レガッタにて、男子エイト5分38秒20の日本最速タイムを樹立
    ・第48回世界選手権 男子ダブルスカル出場 荒川龍太
    ・第15回世界U23選手権 男子シングルスカル出場 櫻間達也
    ・漕艇部選手寮「鳳翔寮」完成
  • 2018年 ・第96回全日本選手権 男子シングルスカル 優勝
    ・第18回アジア競技大会 男子シングルスカル 銅メダル 荒川龍太
    ・第18回アジア競技大会 男子舵手なしペア 銅メダル 大塚圭宏、高野勇太
  • 2017年 ・第95回全日本選手権 男子舵手なしフォア 優勝
    ・第67回全日本社会人選手権 男子舵手なしペア 優勝
    ・第46回世界選手権 男子シングルスカル出場 荒川龍太
  • 2015年 ・第65回全日本社会人選手権 男子シングルスカル 優勝
  • 2014年 ・第64回全日本社会人選手権 男子舵手なしフォア 3連覇(2014〜2012年)
    ・第43回世界選手権 男子軽量舵手なしフォア出場 伊藤清剛、男子軽量舵手なしペア出場 今井裕介、西村光生、男子軽量シングルスカル出場 中野紘志
    ・第17回アジア競技大会 男子エイト 銀メダル 今井裕介、伊藤清剛、西村光生、佐々野大輝
    ・戸田艇庫 リニューアル
  • 2013年 ・第91回全日本選手権 男子エイト 優勝
    ・第53回オックスフォード盾レガッタ 男子エイト 4連覇(2013〜2010年)
    ・第42回世界選手権 男子舵手なしペア出場 遠藤 光、男子舵手なしフォア出場 中野紘志
  • 2012年 ・NTT東日本シンボルチームに認定 チーム名を「NTT東日本漕艇部」に改称
    ・ロンドンオリンピック 男子軽量ダブルスカル出場 浦 和重
    ・第90回全日本選手権 男子舵手なしフォア 優勝
    ・第90回全日本選手権 男子舵手なしペア 優勝
    ・第34回全日本軽量級選手権 男子エイト 優勝
    ・第41回世界選手権 男子エイト6位入賞 飯田 綾、岡本和祥、中野紘志
    ・第41回世界選手権 男子軽量クォドルプル 7位入賞 西村光生
  • 2011年 ・第89回全日本選手権 男子エイト 優勝
    ・第61回全日本社会人選手権 男子舵手つきフォア 3連覇(2011〜2009年)
    ・第61回全日本社会人選手権 男子ダブルスカル 優勝
    ・第40回世界選手権 男子軽量舵手なしフォア出場 浦 和重
  • 2010年 ・第60回全日本社会人選手権 男子舵手なしフォア 3連覇(2010〜2008年)
    ・第32回全日本軽量級選手権 男子エイト 2連覇(2010・2009年)
  • 2009年 ・第87回全日本選手権 男子舵手なしフォア 優勝
    ・第38回世界選手権 男子軽量エイト 日本代表としてNTT東日本東京漕艇部単独チームで出場 4位入賞 浦 和重、吉崎政幸、大村光輝、村井晋平、今井裕介、児玉一成、飯田 綾、西川正芳、渡邉勝裕
  • 2008年 ・北京オリンピック 男子軽量ダブルスカル出場 浦 和重
    ・第58回全日本社会人選手権 男子エイト 優勝
  • 2007年 ・第57回全日本社会人選手権 男子舵手つきフォア 優勝
    ・第36回世界選手権兼北京オリンピック予選 男子軽量ダブルスカル 6位入賞 浦 和重
  • 2006年 ・第84回全日本選手権 男子舵手なしフォア 2連覇(2006・2005年)
    ・第56回全日本社会人選手権 男子エイト 優勝
    ・第28回全日本軽量級選手権 男子シングルスカル 優勝
  • 2005年 ・第55回全日本社会人選手権 男子舵手つきフォア 優勝
    ・第27回全日本軽量級選手権 男子ダブルスカル 優勝
    ・第45回オックスフォード盾レガッタ 男子エイト 2連覇(2005・2004年)
    ・第34回世界選手権 男子軽量エイト 銀メダル 吉崎政幸、村井晋平、今井裕介、岡本和祥
    ・第34回世界選手権 男子軽量シングルスカル出場 浦 和重、男子軽量クォドルプル出場 山田陽介、男子軽量舵手なしフォア 出場 田邉保典、男子ダブルスカル出場 児玉剛始、男子舵手なしフォア出場 千葉俊明、溝口健太、男子舵手つきフォア出場 大村光輝
  • 2004年 ・アテネオリンピック 男子軽量ダブルスカル 6位入賞 浦 和重【日本人最高位】
    ・第54回全日本社会人選手権 男子エイト 優勝
    ・第54回全日本社会人選手権 男子舵手なしペア 優勝
  • 2003年 ・第81回全日本選手権 男子舵手なしペア 2連覇(2003・2002年)
    ・第53回全日本社会人選手権 男子舵手つきフォア 優勝
    ・第32回世界選手権 男子軽量ダブルスカル 金メダル 浦 和重
    ・第32回世界選手権 男子軽量舵手なしフォア出場 田邉保典、男子軽量クォドルプル 出場 吉崎政幸
  • 2002年 ・第24回全日本軽量級選手権 男子舵手なしペア 優勝
    ・第31回世界選手権 男子軽量ダブルスカル出場 浦 和重、男子軽量舵手なしフォア出場 田邉保典、男子軽量クォドルプル出場 吉崎政幸
    ・第14回アジア競技大会 男子軽量ダブルスカル 金メダル 浦 和重
    ・第14回アジア競技大会 男子エイト 銀メダル 田邉保典、浦 和重
    ・第14回アジア競技大会 男子ダブルスカル 4位入賞 吉崎政幸
    ・第14回アジア競技大会 男子シングルスカル 6位入賞 田邉保典
  • 2001年 ・第79回全日本選手権 男子エイト 4連覇(2001〜1998年)【大会連覇タイ記録】
    ・第51回全日本社会人選手権 男子舵手つきフォア2連覇(2001・2000年)
    ・第51回全日本社会人選手権 男子舵手なしフォア 優勝
    ・第30回世界選手権 男子軽量ダブルスカル出場 浦 和重、男子軽量舵手なしフォア出場 田邉保典
  • 2000年 ・シドニーオリンピック 男子軽量舵手なしフォア出場 田邉保典
    ・第78回全日本選手権 男子ダブルスカル 優勝
    ・第50回全日本社会人選手権 男子エイト 5連覇(2000〜1996年)【大会新記録】
    ・第29回世界選手権 男子軽量エイト出場 田邉保典、吉崎政幸、浦 和重
  • 1999年 ・NTT再編成に伴い、チーム名を「NTT東日本東京漕艇部」に改称
    ・第39回オックスフォード盾レガッタ 男子エイト 2連覇(1999・1998年)
    ・第28回世界選手権 男子軽量舵手なしフォア出場 田邉保典、浦 和重
  • 1998年 ・第13回アジア競技大会 男子軽量舵手なしフォア 銀メダル 浦 和重、北野上能丈
  • 1997年 ・第47回全日本社会人選手権 男子舵手なしフォア 優勝
    ・第26回世界選手権 男子軽量舵手なしフォア出場 田邉保典
  • 1996年 ・アトランタオリンピック 男子軽量ダブルスカル出場 児玉剛始、蔵田和彦
    ・アトランタオリンピック 男子軽量舵手なしフォア出場 田邉保典、中溝勝彦
    ・第18回全日本軽量級選手権 男子舵手なしフォア 2連覇(1996・1995年)
    ・第36回オックスフォード盾レガッタ 男子エイト 2連覇(1996・1995年)
    ・第25回世界選手権 男子軽量エイト出場 田邉保典
  • 1995年 ・第73回全日本選手権 男子舵手つきペア 優勝
  • 1994年 ・第44回全日本社会人選手権 男子エイト 優勝
    ・第44回全日本社会人選手権 男子シングルスカル 優勝
  • 1993年 ・第15回全日本軽量級選手権 男子舵手なしフォア 優勝
    ・第22回世界選手権 男子クォドルプル出場 田邉保典
  • 1992年 ・バルセロナオリンピック 男子エイト出場 松井裕好、三留 弘、林 秀一、田邉保典
    ・第70回全日本選手権 男子エイト 3連覇(1992〜1990年)
    ・第42回全日本社会人選手権 男子舵手つきフォア 2連覇(1992・1991年)
  • 1991年 ・第41回全日本社会人選手権 男子エイト 優勝
  • 1990年 ・第68回全日本選手権 男子舵手つきペア 3連覇(1990〜1988年)
  • 1989年 ・第39回全日本社会人選手権 男子舵手つきフォア 2連覇(1989・1988年)
    ・第39回全日本社会人選手権 男子ナックルフォア 優勝
  • 1988年 ・第38回全日本社会人選手権 男子エイト 優勝【エイト種目初優勝】
  • 1987年 ・第37回全日本社会人選手権 男子舵手つきペア 優勝
    ・第37回全日本社会人選手権 男子ナックルフォア 2連覇(1987・1986年)
  • 1986年 ・第64回全日本選手権 男子舵手つきフォア 優勝
  • 1985年 ・日本電信電話公社の民営化に伴い、チーム名を「NTT東京漕艇部」に改称
    ・第35回全日本社会人選手権 女子ダブルスカル 2連覇(1985・1984年)
  • 1983年 ・第33回全日本社会人選手権 男子ナックルフォア 2連覇(1983・1982年)
  • 1980年 ・第30回全日本社会人選手権 男子ナックルフォア 優勝
  • 1948年 ・電電東京漕艇部として創部

もっと見る

閉じる

主な戦績

全日本選手権大会

男子
エイト
優勝:
13回
2019〜2016、2013、2011、2001〜1998、1992〜1990
男子
舵手なしフォア
優勝:
5回
2017、2012、2009、2006、2005
男子
舵手つきフォア
優勝:
1回
1986
男子
舵手なしペア
優勝:
3回
2012、2003、2002
男子
舵手つきペア
優勝:
4回
1995、1990〜1988
男子
ダブルスカル
優勝:
2回
2019、2000
男子
シングルスカル
優勝:
1回
2018

全日本社会人選手権大会

男子
エイト
優勝:
16回
2019〜2015、2008、2006、2004、2000〜1996、1994、1991、1988
男子
舵手なしフォア
優勝:
8回
2014〜2012、2010〜2008、2001、1997
男子
舵手つきフォア
優勝:
12回
2011〜2009、2007、2005、2003、2001、2000、1992、1991、1989、1988
男子
舵手なしペア
優勝:
2回
2017、2004
男子
舵手つきペア
優勝:
1回
1987
男子
ダブルスカル
優勝:
1回
2011
男子
シングルスカル
優勝:
3回
2019、2015、1994
男子
ナックルフォア
優勝:
6回
1989、1987、1986、1983、1982、1980
女子
ダブルスカル
優勝:
2回
1985、1984

オックスフォード盾レガッタ

男子
エイト
優勝:
15回
2019〜2015、2013〜2010、2005、2004、1999、1998、1996、1995

主なOBの紹介

オリンピック出場選手

2012年 ロンドン大会 浦 和重(男子軽量ダブルスカル)
2008年 北京大会 浦 和重(男子軽量ダブルスカル)
2004年 アテネ大会 浦 和重(男子軽量ダブルスカル)
2000年 シドニー大会 田邉保典(男子軽量舵手なしフォア)
1996年 アトランタ大会 児玉剛始、蔵田和彦(男子軽量ダブルスカル)
田邉保典、中溝勝彦(男子軽量舵手なしフォア)
1992年 バルセロナ大会 松井裕好、三留 弘、林 秀一、田邉保典(男子エイト)

練習場

戸田ボートコース(NTT東日本漕艇部 艇庫)

〒335-0024
埼玉県戸田市戸田公園1-61

アクセス
JR埼京線 戸田公園駅西口下車 徒歩10分