企業情報


ホーム > 企業情報 > 広報宣伝活動 > NTT東日本シンボルチーム > 野球部 > 都市対抗野球大会

都市対抗野球大会/第83回 都市対抗野球大会

都市対抗野球大会

  • 都市対抗トップ
  • 試合結果一覧
  • トーナメント表
  • 大会のみどころ
  • チームメッセージ
  • 観戦に行こう!
  • 補強選手について

インタビュー

[二回戦] NTT東日本 vs トヨタ自動車 [○ 7-2]

7月21日(土) 10:32 東京ドーム
垣野多鶴監督
「優勝目指して一つ一つ全力で戦います」
垣野多鶴監督

 今日は3点くらいを争う展開を予想していたのですが、序盤の大量得点で試合展開が楽になりました。相手ピッチャーの序盤、立ち上がり甘くなっているところに、うまく攻めこむことができました。一回戦で固さの見えた打撃、走りこみや個別メニューなどで調整した成果でしょうね。井納は緊張もあったでしょうが、こちらの期待通りのピッチングをしてくれました。
 これでベスト8ですが、私達の目標は優勝しかありません。ここから一つ一つ、全力をつくして戦っていくだけです。

北道貢キャプテン
「1週間の調整の成果が出ました」
北道貢キャプテン
※先制打に2四球で、しっかりとつなぐ役目を果たす。

 今日は一回戦からの1週間の調整が上手くいったから、勝つことができたと感じています。最初の3日間はランニングを中心に、それからは打撃の見直しを図りました。一回戦ではあまりにも打てなくて情けなかったんです。平野さんの満塁ホームランも3日間、必死に練習に取り組んできた成果、ほんとうに頼りになります。井納は初登板で緊張していると思ったので、なんとか先に点を取ってあげたかった。3点あれば、いまの彼には十分です。安心して見ていられました。
 今日は朝早くから、こんなに大勢の方々に応援に来ていただけるとは思いませんでした。みなさんに勝つところを見せられてほんとうに良かったです。これから3連戦、みんなの力で戦い抜きます。

井納翔一選手
「行けと言われれば明日でも行く準備はできています」
井納翔一選手
※八回を2失点。都市対抗初登板で先発の重責を果たした。

 今日の出来は60点くらいですね、満点ではなく。まだムダなボールが多いです。(六回の)ホームランも、ムダなボールを打たれてしまいました。優勝を目指すからには、もっと厳しく行かなければならないですね。
 とは言え、いつも立ち上がりが悪いのが僕の課題なのですが、今日はうまく入ることができました。序盤に大量点をもらうことができたのも大きいですね。なぜか僕が投げるときは初回に点が取れることが多いんですよ(笑)。大量点のおかげか、今日は落ち着いて投げることができました。ホームランを打たれても、次をしっかり抑えればいいと切り替えられましたし。楽しかったですよ、投げていて。
 僕ができることは、野手に、そして後に続く投手にしっかりとつなぐこと。もう優勝しかありません。明日でも、明後日でも「行け」と言われればいつでも行く準備はできています。

平野宏選手
「やりましたー! とおもいっきり叫びました(笑)」
平野宏選手
※タイムリーに満塁本塁打、5打点の大暴れ。お立ち台では「やりました!」と絶叫。

 東京ドームのお立ち台は初めてです。盛り上げたいという気持ちで、思い切り叫びました。自己採点は70点、まずまずですね(笑)。
 満塁ホームランは、思い切り打つことだけを考えて打席に臨んだ結果。最初の打席でタイムリーを打てていたこともあって、いいスイングができました。
 毎試合、スタンドの雰囲気が凄いなと思いながらプレーしています。あの応援の中でプレーしていると、テンションが最高潮になります。ぼくらも全力で戦う姿、最後まであきらめない姿をみなさんに見てもらいたいと思って戦っています。それにしても毎日、こうやって野球ができるのは幸せです。東京ドームは特に。

第83回 都市対抗野球大会 東京都代表決定戦 代表決定戦の試合結果一覧はこちら