企業情報


ホーム > 企業情報 > お知らせ・報道発表 > 報道発表資料 > 2019年 > 10月


(報道発表資料)

2019年10月15日
東日本電信電話株式会社

第10報(7時00現在)
*下線が第10報での更新事項です。

台風19号への対応等について(第10報)

台風19号の影響に伴う通信設備被害・サービス影響について、お客様へ多大なご迷惑・ご不便をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。

今後、「電力枯渇による通信ビル影響」「電柱やケーブル罹災」「引込線罹災・停電による端末故障」等の通信設備被害により、更に通信サービス影響が発生する可能性がございます。

現時点の状況(サービス影響、自治体様等と連携した支援措置)は以下のとおりです。

なお復旧状況については、Twitter等※1で速やかな情報提供に努めてまいります。

<サービス影響>

1.停電発生エリアにおける非常用電源での通信設備稼働状況

商用停電が発生しているエリアについて、通信設備を非常用電源にて稼動させている状況は【別紙】10月15日7時00分時点の見込みのとおりです。

2.通信ケーブル損傷、ビルの浸水等によるサービス影響

エリア サービス影響
東京都 神津島、式根島、新島 光アクセスサービス※2:約1,400回線
ひかり電話※3:約900回線
栃木県 鹿沼市の一部 加入電話:約150回線
福島県 浅川町 光アクセスサービス※2:約1,300回線
ひかり電話※3:約1,000回線
加入電話:約300回線(▲約900回線)※4
  • ※2コラボレーション事業者が提供する光アクセスサービスも含みます。
  • ※3「光アクセスサービス」に重畳するサービスです。(再掲)
  • ※4正常化に向け設備を取り換える過程で、一時的にサービス影響が発生する場合がございます。
  • お客様宅と通信ビル間の回線切断等による影響数は含みません。

3.故障時のお問い合わせ

電話でのお受け付けは、問い合わせが集中しつながりにくい状況となることが想定されるため、以下のURLへお問い合わせください。報道機関のみなさまにおかれましては積極的なご紹介をいただきますようお願い申し上げます。

https://flets.com/gf/form.php?service=gi0550&type=pc新規ウィンドウで開く

  • インターネット検索の場合は「故障受付 WEB113」からお願いします。

<支援措置>

1.災害用伝言サービスの運用について

被災地域の方々の安否状況等の確認手段として「災害用伝言ダイヤル(171)」および「災害用伝言板(Web171)」を運用しておりますのでご活用ください。

2.災害時用公衆電話(特設公衆電話)※5の設置について

最新の設置状況は以下からご確認いただけます。

https://www.ntt-east.co.jp/cgi-bin/ptd/tokusetsu.cgi

  • 災害時用公衆電話(特設公衆電話)は、自治体様の要請により避難所等に設置するものです。

3.光ステーション(Wi-Fi アクセスポイント)の開放

当社サービス提供エリアの本州全域で、光ステーション(約3.4万箇所)を無料でご利用いただくことができます。

報道発表資料に記載している情報は、発表日時点のものです。
現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。