企業情報


ホーム > 企業情報 > お知らせ・報道発表 > IoTを活用した、自治体/JA/地元企業との協働プロジェクト「アグリイノベーションLab @山梨市」が「第6回IoT Lab Selection」において「地域活性化賞」を受賞


IoTを活用した、自治体/JA/地元企業との協働プロジェクト「アグリイノベーションLab @山梨市」が「第6回IoT Lab Selection」において「地域活性化賞」を受賞

2019年2月27日
東日本電信電話株式会社

2017年2月から開始した、農業を基幹産業とする山梨市と、JAフルーツ山梨、シナプテック、NTT東日本との協働プロジェクトである「アグリイノベーションLab@山梨市〜IoTの社会実装による地域産業の活性化〜」(以下、本プロジェクト)が、2019年2月27日、経産省とIoT推進ラボがIoTを活用した先進的なプロジェクトを選定する「第6回IoT Lab Selection」において、「地域活性化賞」を受賞しました。「地域活性化賞」は、地域固有の課題の解決や地域経済の活性化に寄与するプロジェクトを表彰する目的で、今回から新設された賞であり、61社の応募の中から本プロジェクトが選定されました。

本プロジェクトは、山梨市全域をアグリイノベーションに資する「Lab(試験圃場)」と位置づけ、勘や経験に頼る栽培からの脱却、新規就農者の確保といった課題に向けて、持続可能な社会や儲かる農業の実現のために、各社が必要な資源や情報・技術を持ち寄り、プロジェクトを推進していくものです。

その中でNTT東日本は、IoTセンサーやネットワークカメラをビニールハウスに導入し、環境データや圃場状況を見える化することで、生産者の省力化や経済的損失の抑止を実現し、2018年1月には「農業IoTパッケージ」として提供開始しました。今回の受賞において、審査員からは「農業IoTは導入成果だけが喧伝されることが多い中、本プロジェクトは実運用を想定して地域と手を組み、エコシステムを作り上げている」という点を高く評価されました。

本プロジェクトは農業から始まりましたが、現在は河川や崖の防災対策や、警察と連携した盗難抑止など、様々なユースケースに向けた取り組みへと拡大しております。NTT東日本は、今後も農業IoTをはじめ、地域の様々な課題の解決に取り組んでまいります。

受賞内容

地域活性化賞

(IoT推進ラボについて)
IoT推進ラボは、IoT推進コンソーシアムの下に設置され、成長性・先導性、波及性(オープン性)、社会性の3原則に基づき個別のIoTプロジェクトを発掘・選定し、企業連携・資金・規制の面から徹底的に支援するとともに、大規模な社会実装に向けた規制改革・制度形成などの環境整備を行います。
URL:https://iotlab.jp/jp/index.php新規ウィンドウで開く
  • IoT推進コンソーシアムとは、3,883の企業・機関(有識者会員含む 2018年11月28日現在)が参画・連携し、IoT推進に関する技術の開発・実証や新たなビジネスモデルの創出を目的として、IoTに関する技術の開発・実証及び標準化や、各種プロジェクトの創出、プロジェクトの実施に必要となる規制改革などを推進する組織です。
(「IoT Lab Selection」について)
IoT推進ラボが主催するプログラムであり、IoTやビッグデータ、人工知能などにより、世界的に産業や社会の在り方が大きく変革しつつある状況を踏まえ、新たな IoTビジネスモデルの創出や IoTプラットフォーマーの発掘・育成を図るため、資金やメンターなどの支援を行います。その取り組みの一環として、2016年からIoTを活用した先進的なプロジェクトを選出し、表彰しています。
URL:https://iotlab.jp/jp/selection.html 新規ウィンドウで開く