企業情報


ホーム > 企業情報 > 広報宣伝活動 > NTT東日本シンボルチーム > 引退選手のご挨拶


引退選手のご挨拶

温かいご声援、誠にありがとうございました。2018年度をもって、NTT東日本シンボルチームを引退する選手からのご挨拶です。

2018年度 引退選手からのメッセージ

野球部

39 コーチ 平野 宏
日頃よりNTT東日本野球部への多大なるご支援・ご声援を賜り、誠にありがとうございます。
この度、選手として13年(兼任1年)、コーチとして6年(兼任1年)、計18年間在籍しました野球部を引退することになりました。

本当に長い間、皆様に支えていただき、また大声援に背中を押していただき、一昨年、都市対抗野球大会で優勝できたことが一番の思い出です。
今後は社業に専念いたしますが、新たなことにもチャレンジし続け、微力ながら会社に貢献できるよう精進して参ります。

野球部は今後もシンボル社員として活動し、日本一を目指して全力でプレーして参りますので、引き続きご支援・ご声援をよろしくお願いいたします。
18年間本当にありがとうございました。
15 投手 福田 龍太
日頃より、NTT東日本野球部へ多大なるご支援・ご理解・ご声援を賜り、誠にありがとうございます。
この度、3年間在籍させていただきました野球部を引退することとなりました。

野球部在籍中には、技術力の向上だけでなく、仕事への取り組み方や考えて行動する重要性などを学ぶことができ、人間としても成長させていただきました。この3年間で学んだことは僕の人生の中で大きな財産となりました。

今後は社業に専念することとなりますが、自分の出来ることに一生懸命取り組み、微力ではありますが会社に恩返しができるよう精進してまいります。
3年間、大好きな野球に携わらせてくださった皆様には、感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。
これからもNTT東日本野球部をよろしくお願いいたします。
21 投手 森山 一茂
日頃より、NTT東日本野球部にご支援・ご声援を賜り、誠にありがとうございます。
この度、8年間活動させていただきました野球部を引退することになりました。

在籍中は結果が出ずに苦しんだことや日本一を経験できたことなど、たくさんの経験をさせていただきました。
その中で一番の力になったのは、社員の皆様、関係グループの皆様の応援でした。
練習中の苦しいときには、東京ドームを埋め尽くすオレンジのビブスを着た皆様の姿を思い出すことでがんばれましたし、試合の苦しい場面では皆様の声援のおかげでピンチを切り抜けられたことが何度もありました。

これからは、社業に専念しながら、野球部を応援していきます。
皆様にはこれからもNTT東日本野球部へのご声援をよろしくお願いします。
8年間本当にありがとうございました。
3 内野手 矢島 健吾
日頃より、NTT東日本野球部にご支援・ご声援を賜り、誠にありがとうございます。
この度、8年間活動させていただきました野球部を引退することになりました。

野球部在籍中は本当にたくさんの応援をいただき、ありがとうございました。
皆様の支えがあり、充実した8年間を過ごすことができました。また、すばらしい環境、すばらしいチームメイトに恵まれ、日本一になれたこと、社員の皆様と喜びを分かち合えたことが何よりの財産となりました。

今後は社業に専念しますが、これまでの経験を活かし、少しずつ恩返しができるように精進して参ります。
皆様には引き続きNTT東日本野球部へのご支援・ご声援をよろしくお願いいたします。
8年間ありがとうございました。
5 外野手 目黒 聡
いつもNTT東日本野球部へ多大なるご支援・ご理解・ご声援を賜り、誠にありがとうございます。
この度、NTT東日本野球部を卒業し、10年間という現役生活を終え、今年からNTT東日本−関信越 群馬支店で社業に専念することになりました。

現役中は皆様からたくさんの熱い応援をいただき、一昨年は悲願の都市対抗野球大会優勝を達成することができました。改めて皆様に感謝申し上げます。
これからは、別の形で会社に貢献できるようがんばって参ります。

最後になりますが、これからもNTT東日本野球部ならびにシンボルチームへのご支援・ご声援をよろしくお願いいたします。
10年間ありがとうございました。
30 外野手 高野 翔
日頃よりNTT東日本野球部への多大なるご支援・ご理解・ご声援を賜り、誠にありがとうございます。

この度、5年間在籍した野球部を引退することとなりました。
在籍中は多くの経験をさせていただき、自分自身、とても成長させていただきました。
また都市対抗野球大会優勝という貴重な経験もさせていただき、本当に幸せな野球人生を過ごすことができました。
支えてくださった社員の皆様、スタッフ、チームメイトには感謝の気持ちでいっぱいです。

今後は社業に専念することとなりますが、一生懸命がんばって参りますので、今後ともよろしくお願いいたします。

バドミントン部

藤野 琢人
日頃よりNTT東日本バドミントン部への多大なるご支援・ご声援を賜り、誠にありがとうございます。
この度、2年間活動させていただいた現役生活を引退しましたことをご報告させていただきます。

バドミントン部で学んだことは人生の財産であり、かけがえのないものとなりました。
支えてくださった社員の皆様を始め、チームメイト・家族には感謝の気持ちでいっぱいです。
そしてなによりもシンボル選手として携われたことを誇りと幸せに思います。
今後はバドミントンを通して培った経験を仕事に生かし、更なる向上心を持って社業に専念していきたいと思います。

東京オリンピックに向けてスポーツ全体が盛り上がっている中、バドミントンは活躍が期待できる競技です。今後ますますの発展は間違いありませんので、注目して見ていただければ幸いです。
最後となりますが、今後ともNTT東日本バドミントン部ならびにシンボルチームへのご支援・ご声援をよろしくお願いいたします。
応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。

漕艇部

漕手 渡邉 勝裕
日頃より漕艇部の活動に対し、多大なるご支援・ご声援を賜り、誠にありがとうございます。
この度、10年間在籍させていただきました漕艇部を引退することとなりました。

学生時代より憧れであった日本のトップチームの一員として10年もの間活動できましたことを、誇りに思っております。

水の上という非日常の環境で仲間と共に切磋琢磨した時間や、社員の皆様、家族、関係者の皆様と一緒に優勝の喜びを共有できたことは、私にとってかけがえのない財産です。
これからはゴールに背を向けて進んできたボートとは違い、しっかり前を向き、目標に向かって道を切り開いて行きたいと思います。

10年の長きにわたり現役生活を続けることができましたのも、皆様方の温かいご声援や会社からの多大なるご支援があったからこそと、感謝の気持ちでいっぱいです。

今後は生活の軸が大きく変わりますが、ボートで培った経験を糧に、自分らしく仕事に邁進したいと思います。
10年間、本当にありがとうございました。