NTT東日本

企業情報


ホーム > 企業情報 > NTT東日本について > 研究開発 > NGN(次世代ネットワーク) > NGNとは


NGNとは

NGNは、従来の電話網がもつ信頼性・安定性を確保しながら、IPネットワークの柔軟性・経済性を備えた、次世代の情報通信ネットワークです。

NGNの特徴

品質確保「QoS」

NGNでは、多彩な通信サービスに最適な形で対応するべく、従来の「ベストエフォートクラス」に加えて、品質確保型の「優先クラス」をご用意しています。「優先クラス」は、テレビ電話のような厳しいリアルタイム性が必要な通信や、片方向の映像配信のような緩やかなリアルタイム性が要求される通信のためのものです。品質確保「QoS」機能により、安定した音声通話や高精細映像の配信をご提供します。

セキュリティ

NGNでは、回線ごとに割り当てられた発信者IDをチェックし、なりすましを防止します。また、ネットワークの入り口で、なりすましや不正なアクセスをブロックする機能などを具備しています。

信頼性

NGNでは、ひかり電話のトラブルから得た教訓を活かし、通信回線や通信装置の冗長化や、処理性能の高い大型装置の導入によるシンプルなネットワーク構成にすることなどで、高い信頼性のネットワークを実現しています。また、特定のエリアに通信が集中した際のトラヒックコントロールや災害時等における重要通信の確保などにも取り組んでいます。

オープンなインタフェース

NGNでは、新たなアプリケーションサービスを、誰もが自由に創造していけるよう、UNI、NNI、SNIという3つのインタフェースを規定し、これらの仕様を公開しています。
他事業者様のネットワークとオープンに接続するとともに、異業種・他業界の皆さまと協業して、新サービスや価値創造に取り組んでいきます。

エリア展開計画

「フレッツ 光ネクスト」および「ビジネスイーサワイド」エリア展開計画

フレッツ光ネクストは、平成20年3月に東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の一部エリア(トライアルサービス実施エリア)で提供を開始し、平成20年度中に、東日本エリア全17都道県の主要市区等への拡大を開始しました。平成22年度末までにフレッツ光エリア全域に拡大する予定です。

展開イメージ

※ すでにサービスを提供している地域については、「フレッツ 光ネクスト 提供エリア(戸建て)」よりご確認いただけます新規ウィンドウで開く