企業情報


ホーム > 企業情報 > お知らせ・報道発表 > 報道発表資料 > 2011年 > 3月


<参考1>「災害用ブロードバンド伝言板(web171)」について

1. 概要

「災害用ブロードバンド伝言板(web171)」は、大規模災害発生時にインターネットを活用し、音声やテキスト等を融合して被災地内の家族・親戚・知人などの安否等を確認できるサービスです。

「災害用ブロードバンド伝言板(https://www.web171.jp/top.php新規ウィンドウで開く)」へアクセスし、自分自身の安否について、1伝言につき100文字以下でテキスト入力することができます。(なお保存期間は48時間となりますのでご注意ください。)

2. 具体的な利用方法

伝言を新規に登録する場合
インターネットを利用して本サービスの”伝言の新規登録”ページにアクセスし、被災地内の自宅等の電話番号をキーとして、ご自身やご家族の安否情報を新規に登録します。なお、登録にあたっては、氏名、パスワードを併用した登録も可能です。
伝言の閲覧ならびに追加登録する場合
インターネットを利用して本サービスの“伝言閲覧・追加登録”ページにアクセスし、安否情報等を閲覧したい方の自宅等の電話番号を入力することで、登録された安否情報を閲覧できるとともに、追加の伝言を登録することもできます。

3. 伝言の登録・閲覧の際にキーとなる電話番号

東北エリアの市外局番から始まる電話番号(10桁)です。

なお、携帯電話番号やIP電話番号等も利用可能です。

(今後、状況により変更することがあります。)

4. 利用可能な電話の種類

インターネットが接続できるパソコン及び携帯電話等

(携帯電話の機種によってはご利用できない場合がございます。)

5. 利用可能な電話の種類

安否情報の登録、閲覧等に伴うサービス利用料は無料ですが、インターネット接続費用やプロバイダ利用料、及びダイヤルアップ接続の場合は通信料等が別途必要となります

(携帯電話の機種によってはご利用できない場合がございます。)