訃報を受けたらまず丁寧にお悔やみを述べ、通夜や葬儀の日程を確認します。親族や親しい人であればすぐに弔問に伺います。 仕事関係者の場合は告別式に参列するのが慣例ですが、通夜で焼香をすませることでもかまいません。また、取引先関係の訃報に接した場合は、会社として弔電(お悔やみ電報)を打つのが一般的です。
弔電は通夜の当日か、遅くても告別式の前までに届くように送ります。
1 会葬時の服装
会葬時の服装 会葬時の服装 通夜は、地味な色合いの服装であれば喪服でなくてもかまわないといわれてきました。しかし、近年では、ほとんどの方が通夜でも喪服を着用して参列していますので、喪服で参列するほうが安心です。
告別式に参列する場合は、喪服となる漆黒の略礼服が基本です。しかし、正式な喪服をお持ちでない場合は、女性は肌の露出が少ない黒のオーソドックスなデザインであれば失礼にあたりません。バッグや靴、ストッキングも黒とし、アクセサリーはイヤリング(ピアス)とネックレスをセットでつけることが正式です。注意点はネックレスを一連のものにすることです。 二連以上のものは不幸が重なるということを連想させるので控えます。素材は漆黒のジェットが正式です。日本ではパールが定番になっていますが、黒いオニキスなども可能です。
マニキュアは落として伺うことも忘れずに。また、最近は、自宅でジェルネイルを落とせる道具もあるようですが、備えのない場合などすぐに落とすことのできないときは、黒いレースの手袋などで目立たないようにする配慮も。
男性は光沢のない黒いスーツでもOK。ただしネクタイは黒、金時計や光るネクタイピンなどは外します。ワイシャツは白で、ボタンダウンは避けましょう。
また、お子様が参列する場合は、制服があればそちらが正装となりますので、着用して構いません。しかし、もし、赤いリボンやネクタイなどがある場合は、そちらだけ黒にするなどの配慮があると良いですね。
2 故人の宗教に合わせる
故人の宗教・宗派によって、通夜や告別式の進め方や不祝儀袋の表書きも異なります。参列の手順は、故人の宗教・宗派に合わせて行いましょう。
不祝儀袋の表書きは、キリスト教の場合、カトリックなら「御ミサ料」、プロテスタントなら「御花料」となります。 神式では「御榊料」「玉串料」が一般的です。近年は家族葬や無宗教葬なども多くなってきています。「御霊前」なら宗派を問わずに使えるといわれていますが、浄土真宗やプロテスタントでは使えませんから注意しましょう。 これらの宗派は亡くなると霊になるという考え方ではないため、「御霊前」とは書きません。
また、近年はご遺族側が、供花や供物は辞退するという傾向が増えてきました。このような場合は弔電を送ると良いですね。弔電は供花や供物と違い、金銭的な返礼を必要としないため、遺族に負担をかけずにお悔みの気持ちを伝えることができます。 すべてにおいて故人とご遺族の意向にしたがうことがマナーといえましょう。
3 受付と香典
受付と香典 受付と香典 弔問に伺う時間は、開始時間の30〜10分くらい前に到着するように伺うのが理想です。故人との最後のお別れですから、諸事情あって早すぎても(または遅くなっても)問題ありません。遠慮しないで、後悔のないようにお別れをいたしましょう。 受付でまず一礼し「このたびはご愁傷様です」「お寂しゅうございますね」など手短にお悔やみの言葉を述べてから香典を渡し、弔問者名簿に記帳します。
香典は袱紗(ふくさ)に包んで持参し、受付の台の上に置いて目の前で開け、向きを相手から見て正面になるようにして両手で差し出します。香典に包むお礼は新札を避けます。 忌み事を予測して用意していたかのような印象を与えかねません。とはいえ、使い古されたもの過ぎないように注意しましょう。新札の場合は、一度折り目をつければ問題ありません。
4 葬儀後に訃報を知ったとき
葬儀後に訃報を知ったときは、電報でお偲びの気持ちをお伝えしてはいかがでしょうか?ご遺族は葬儀後も、さまざまな対応に追われています。弔問に出向くことは、かえってご迷惑をおかけすることもあります。お偲びの気持ちを言葉に託した弔電を線香とともにお届けすることで、深い哀悼の気持ちを伝えることができます。 また、遠方に暮らしていたり、諸事情によりご自宅へ伺うことが難しい状況であったり、ご遺族から「お気持ちだけで結構です」と辞退された場合も、豊富な台紙がそろった弔電であれば、ご遺族も負担に感じることなく、あなたの故人とご遺族への想いが伝わることでしょう。