企業情報


ホーム > 企業情報 > 災害対策 > 災害への取り組み > NTT東日本の災害対策 > 1995年 兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)(過去の主な大規模災害等事例)


過去の主な大規模災害等事例

兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)(平成7年1月)

災害概要

発生日時 1995年1月17日午前5時46分
震源 淡路島北部
地震規模 M7.3
最大震度 震度7
概要 神戸市を中心に特に大きな被害があり、6,434人が死亡、約43,800人が重軽傷を負った。

NTTの被災状況

  • 神戸市内の交換機停止により、固定電話が約285,000回線不通。
  • 火災により、固定電話が約193,000回線不通。
  • 5日間にわたり電話輻輳が継続。(ピークトラヒックは平常時の50倍)

災害による教訓からNTTが実施した対策

  • 災害用伝言ダイヤル(171)開発。
  • 公衆電話の無料化措置の実施。
  • 軽油供給パイプ等のフレキシブル化。