企業情報


ホーム > 企業情報 > 災害対策 > 災害への取り組み > NTT東日本の災害対策 > 災害対策への取り組み


災害対策への取り組み

通信ネットワークの信頼性向上

地震・火災・風水害等に強い設備作り、通信伝送路の複数ルート化や24時間365日のネットワーク監視及び制御等を行い、災害等の不測の事態が発生しても通信サービスが途絶えないように備えています。

重要通信の確保

災害時に全国から被災地に集中する電話を制御し、110番・119番等の緊急通信や重要通信を守るとともに、避難所には市区町村と連携して無料の公衆電話(特設公衆電話)を設置し通信を確保します。
また、家族や友人などで安否を確認するために、災害用伝言ダイヤル(171)及び災害用伝言板(web171)を迅速に提供します。

サービスの早期復旧

災害により設備が被災した時には、災害対策機器等の活用や全国からの復旧用資機材の調達、復旧要員の確保により、サービスの早期回復に努めます。

設備の対災性強化 ループ化構成 特設公衆電話 監視・制御 災対機器 通話制御 災害用伝言ダイヤル171 災害用伝言板web171