企業情報


ホーム > 企業情報 > 災害対策 > 災害への取り組み > NTT東日本の災害対策 > 1968年 十勝沖地震(過去の主な大規模災害等事例)


過去の主な大規模災害等事例

十勝沖地震(昭和43年5月)

災害概要

発生日時 1968年5月16日午前9時48分
震源 三陸沖
地震規模 M7.9
最大震度 震度5
概要 北海道から東北北部で揺れや津波の被害があり、52人が死亡、
330人が重軽傷を負った。

日本電信電話公社の被災状況

  • 本州と北海道を結ぶ海底通信ケーブル及び無線区間が切断され、北海道が一時通信孤立。
  • 青森県を中心に固定電話が約4,500回線不通。

災害による教訓から日本電信電話公社が実施した対策

  • 市外伝送路の2ルート化実施。
  • TV中継伝送路のループ化を実施。
  • 孤立防止用無線の開発を実施。