企業情報


ホーム > 企業情報 > 公開情報 > ユニバーサルサービス制度〜みんなで支える電話の仕組み〜 > 第一種公衆電話機の設置の状況


第一種公衆電話機の設置の状況

第一種公衆電話機については、社会生活上の安全及び戸外における最低限の通信手段を確保する観点から、以下の設置基準に基づき、利用状況を勘案しつつ業務区域全体で57,983台設置しています。

設置基準

市街地 概ね500m四方に1台
それ以外の地域 概ね1km四方に1台

具体的な設置について

  • 第一種公衆電話は、誰でも24時間利用可能な公衆電話を確保するため、原則として屋外の公道上あるいは公道に面した場所に設置している公衆電話としています。
  • 多くの人が集まる場所については同一地域でも複数台を設置し、緊急時・災害時における利用者利便に配慮しています。
  • 設置場所については、各地域の実態に応じて選定しており、例えば、公共施設の前の路上、駅前・バス停付近等の路上、コンビニの軒先等が挙げられます。