企業情報


ホーム > 企業情報 > 公開情報 > ユニバーサルサービス制度〜みんなで支える電話の仕組み〜 > 都道府県ごとの第一種公衆電話機の設置台数


都道府県ごとの第一種公衆電話機の設置台数

都道府県ごとの設置台数については、以下のとおりです。これは、総務省告示に定められている都道府県別の設置台数の基準を満たしています。

都道府県名 ①設置台数 ②告示で定める最低限必要な台数
(=③×④) ③メッシュの数の合計数 ④告示で掲げる率
北海道 4,499台 3,977台 25,170区域 15.8%
青森県 1,753台 1,552台 4,297区域 36.1%
岩手県 1,315台 1,291台 7,293区域 17.7%
宮城県 2,324台 2,192台 5,577区域 39.3%
秋田県 784台 690台 4,476区域 15.4%
山形県 1,306台 1,253台 4,014区域 31.2%
福島県 1,980台 1,925台 7,547区域 25.5%
茨城県 3,725台 3,137台 6,746区域 46.5%
栃木県 1,977台 1,902台 5,386区域 35.3%
群馬県 2,005台 1,997台 4,284区域 46.6%
埼玉県 4,281台 3,784台 6,592区域 57.4%
千葉県 5,818台 4,062台 7,766区域 52.3%
東京都 14,596台 4,169台 4,853区域 85.9%
神奈川県 6,123台 4,395台 5,828区域 75.4%
新潟県 2,787台 2,447台 6,684区域 36.6%
山梨県 1,065台 1,065台 2,168区域 49.1%
長野県 1,645台 1,421台 6,459区域 22.0%
合計 57,983台 41,259台 115,140区域 -
  • (注)メッシュとは、総務省統計局が定める地域メッシュ統計に基づく区域のことで、市街地においては500m四方、それ以外の地域においては1km四方(世帯又は事業所が存在する地域に限る)の区域となっています。