企業情報


ホーム > 企業情報 > 広報宣伝活動 > NTT東日本シンボルチーム > 野球部 > 都市対抗野球大会

都市対抗野球大会/第84回 都市対抗野球大会

第84回 都市対抗野球大会

試合速報・結果

7月14日(日) [一回戦] VS 東邦ガス

  7月14日(日) 14:03 東京ドーム(三塁側)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R H E
東邦ガス 0 0 0 0 0 0 1 1 0   2 6 0
NTT東日本 0 0 0 0 0 0 1 0 0   1 5 0
自動更新版簡易スコアボード
イニングハイライト
[9回裏] 終盤の粘りも及ばず、1対2の敗戦。黒獅子旗の夢は来年に持ち越された。 (16:34更新)
  • 試合詳細
  • ゲームレポート
  • ゲームフォト
  • インタビュー
7月14日(日) 東京ドーム

インタビュー

垣野多鶴監督
「心技体すべてを鍛えて、日本選手権に向け努力します」
垣野多鶴監督

 先発の高木はそれほど調子がよくなかったのですが、その中でもよくまとめてきてくれました。大竹もあと一点取られれば勝機がなくなるという場面でよく踏ん張ってくれました。五回の一死二・三塁のチャンスに点が取れていれば、その後の展開も違っていたでしょうが、こればかりは勝負事ですから仕方ない面もあります。
 優勝を狙ってチームを万全に仕上げてきただけに、こういう結果に終わって残念です。
 試合中はたくさんのお客様の声援が我々を後押ししてくれましたが、その声に応えて力を発揮することができず申し訳ありませんでした。心技体すべての面においてタフな選手・チームを作り、日本選手権に向けてがんばっていきますので、よろしくお願いします。

岩本康平キャプテン
「大勢のお客様に応援していただき、感謝しています」
岩本康平キャプテン
※七回裏に同点ソロホームランを放つ

 本塁打の場面は、2アウトで走者もなかったので長打を狙っていました。打った瞬間、飛距離は手応えがあったんですが、ファウルになるかもと思いました。あの同点ホームランで流れが来たと思いましたが、その直後に勝ち越されたのが痛かったですね。
 今日は中盤にチャンスを潰してしまったように、取れるところで得点できない自分たちの実力不足、精神力の弱さを痛感させられました。先発の高木ががんばっていたのに、僕たち野手が援護できなかった。責任を感じます。
 連休の中日に、ものすごく大勢のお客様に応援していただき、とても感謝しています。これだけ期待していただいたのに一回戦で都市対抗が終わってしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいです。