NTT東日本

企業情報


ホーム > 企業情報 > 災害対策 > 災害への取り組み > 災害用伝言ダイヤル(171) > 伝言の再生方法


災害用伝言ダイヤル(171)伝言の再生方法

「171」をダイヤルし、利用ガイダンスに従って、伝言の録音・再生を行ってください。

ダイヤル 171 ガイダンス

こちらは災害用伝言ダイヤルセンタです。

録音される方は1(いち)、再生される方は2(に)、暗証番号を利用する録音は3(さん)、暗証番号を利用する再生は4(よん)をダイヤルして下さい。
(なお本操作でも次のガイダンスに進まない場合は、ご利用機器のメーカーへお問合わせください。)

2 ガイダンス

被災地の方はご自宅の電話番号、または連絡を取りたい被災地の方の電話番号を、市外局番からダイヤルして下さい。
被災地以外の方は連絡を取りたい被災地の方の電話番号を、市外局番からダイヤルして下さい。

03-1234-5678 ガイダンス

電話番号03-1234-5678の伝言をお伝えします。プッシュ式の電話機をご利用の方は数字の1(いち)を押して下さい。
ダイヤル式の方はそのままお待ち下さい。なお、電話番号が誤りの場合、もう一度おかけ直し下さい。ピッ

お手持ちの電話を選択してください。

ダイヤル式電話機

  1. ガイダンス

    「新しい伝言からお伝えします。」

    再生

    [ 伝言 ]

    「よう子です。家族は皆無事で、中央小学校に避難しました。落ちついたら連絡します。」

    「この伝言は○日午前/午後○時○分におあずかりしました。」

  2. ガイダンス

    「次の伝言をお伝えします。」
    (複数伝言があった場合)

    「お伝えする伝言は以上です。」

  3. ガイダンス

    「電話をお切り下さい。」

プッシュ式電話機

    • * ダイヤル回線をご利用の場合、PB信号を出せる操作をした時のみ操作可能となります。

    1 ガイダンス

    「新しい伝言からお伝えします。 伝言を繰り返すときは数字の8(はち)を、次の伝言に移るときは数字の9(きゅう)を押して下さい。」

    再生

    [ 伝言 ]

    「よう子です。家族は皆無事で、中央小学校に避難しました。落ちついたら連絡します。」

    「この伝言は○日午前/午後○時○分におあずかりしました。」

  1. 8 ガイダンス

    今の伝言を繰り返します

    • *ダイヤル回線をご利用の場合、PB信号を出せる操作をした時のみ操作可能となります。

    「伝言をお伝えします。」

  2. 9 ガイダンス

    押さない場合は、次へ移行

    「次の伝言をお伝えします。」
    (複数伝言があった場合)

    「お伝えする伝言は以上です。」

  3. ガイダンス

    「伝言を追加して録音されるときは数字の3(さん)を押して下さい。ピッ」

  4. 3 ガイダンス

    押さない場合は、次へ移行

    3を押した場合は「伝言の録音を促す」旨のガイダンスが流れ録音ができます。

    • *伝言登録数が限度を超えた場合や、追加録音規制中の場合には「新しい伝言を受け付けられない」旨のガイダンスが流れます。
  5. ガイダンス

    「電話をお切り下さい。」