企業情報


ホーム > 企業情報 > 災害対策 > 災害への取り組み > 災害用伝言ダイヤル(171) > 操作上の注意事項とお願い


災害用伝言ダイヤル(171)操作上の注意事項とお願い

  1. 「災害用伝言ダイヤル」に登録できる電話番号は、被災地内の固定電話番号及び携帯電話・PHS・IP電話の電話番号です。被災地内からご利用の場合も固定電話番号は必ず市外局番からダイヤルしてください。
    • 被災地以外の固定電話番号をダイヤルした場合、「被災地以外の電話番号ではご利用できません。被災地の方の電話番号でご利用ください」とのアナウンスが流れます。
  2. 被災地からの伝言の録音を優先します。このため、提供開始当初は被災地以外からの録音のご利用を一時制限させていただく場合があります。(再生はできます)
    発災初期においては、被災地内の録音を優先します。
    • 被災地外からの伝言録音規制中は、「ただいまの時間は被災地からの録音を優先しております。後ほどおかけなおし下さい。」とのアナウンスが流れます。
  3. ご利用いただける伝言の総容量は約800万件ですが、被災地の多くの方に利用していただくために、災害が発生した地域によりお預かりできる伝言蓄積数が異なります。(電話番号あたり(1〜20件))
  4. 「災害用伝言ダイヤル」の提供時には、テレビ・ラジオを通じて、利用方法、伝言登録エリア等をお知らせするほか、電話がかかりにくくなっている場合に流れる「ふくそうメッセージ」の中で「災害用伝言ダイヤル」のご案内を行う等の方法でお知らせします。なお、被災地域へは他に避難所等へ操作説明リーフレット等を配備いたします。
  5. 被災地内にお住まいの方は、自ら進んで安否情報を発信してください。
  6. 不測の事態に備え、あらかじめ家族や友人間で体験利用しておくことをお勧めします。