NTT東日本

企業情報


ホーム > 企業情報 > CSR活動 > 環境マネジメント > 環境活動 > 地域環境活動 > 世界遺産「白神山地」でブナの苗木を植えるボランティアに4度目の参加


地域環境活動

世界遺産「白神山地」でブナの苗木を植えるボランティアに4度目の参加

白神山地でのブナの植樹の様子

植樹作業に親子で参加

1993年に屋久島とともに日本で初めて世界遺産(自然遺産)に登録された白神山地で2016年10月9日に開催されたブナ植樹ボランティアに、NTT東日本 秋田グループから24名が参加しました。NTT東日本としては2013年に初めて参加して以来、4回目の参加となります。当日は、県や町等の行政機関や団体、東京農業大学の学生の皆さまをはじめ、全国各地から幅広い年齢層のボランティアの方々等、約160名が参加し、苗木約450本を丁寧に植えました。

白神山地とは、秋田県北西部と青森県南西部にまたがる約13万ヘクタールにおよぶ広大な山地帯の総称です。世界最大級の原生的なブナ林が分布していて、その中に多種多様な動植物が生息する等、貴重な生態系が保たれています。この自然を守り、次世代に継承しようと活動しているNPO法人白神ネイチャー協会が、その活動の一環としてブナ植樹ボランティアを毎年主催しています。白神山地に含まれる八峰町八森にブナをはじめミズナラ等を植樹して、奥羽山脈から白神山地、八峰町、海岸と長距離にわたり豊かな山の森をつなぎ、「緑の回廊」を日本海まで伸ばそうとしています。森づくり活動を通じて白神山地の自然環境を守り、さらに森からの質の良い水を海につなぐことで、地域のシンボルであるハタハタ等の魚類が産卵・孵化する藻場(もば)「海の森」の再生を目的とした活動です。

白神山地の豊かな美しい自然を未来につないでいくために、NTT東日本グループは環境保全活動に今後も継続して取り組んでいきます。