NTT東日本

企業情報


ホーム > 企業情報 > CSR活動 > 環境マネジメント > 環境活動 > 山下公園美化活動「日本列島クリーン大作戦 神奈川プロジェクト」への参加


環境活動

山下公園美化活動「日本列島クリーン大作戦 神奈川プロジェクト」への参加

清掃活動は景色を楽しみながら行いました

小さな子どもも一緒にごみを拾います

総勢約180名が参加

2016年7月31日に実施された「日本列島クリーン大作戦」にNTT東日本 神奈川グループが参加ました。天気予報では雨でしたが、当日は良い天気となり、夏の太陽の光が降り注ぐ横浜・山下公園に総勢約180名が集まりました。参加したNTT東日本 神奈川グループの社員とその家族からは、「さっきまでは天気が悪かったのに」「晴れてよかったね」「どうなるか心配だったよ」と、実施が危ぶまれた「日本列島クリーン大作戦」の決行を喜ぶ声があがっていました。

1991年にスタートした「日本列島クリーン大作戦 神奈川プロジェクト」は、公益社団法人『小さな親切』運動 神奈川県本部が主催する『環境美化』と『心豊かなまちづくり・人づくり』を目的とした環境美化運動です。NTT東日本 神奈川グループはスタート時から参加しており、今年で26回目の参加となります。長く携わっている活動のため、社員の間でも関心が高く、意欲的に毎年参加する社員も少なくありません。
当日は、山下公園と象の鼻パークに捨てられている空き缶やペットボトル等のごみを約1時間にわたり拾い集め、活動が終わるころには「日本列島クリーン大作戦」全体で4tトラック1台分もの量になりました。自然豊かな公園がよりきれいになり、清々しい思いで作業を終えました。
親子で参加した社員からは、ボランティア活動に参加する意義や、普段からごみをポイ捨てしてはいけないことを子どもに教える良い機会となった、という声がありました。このように、活動を通じてボランティア活動や自分たちの街を美しくしようという、参加者の意識をより高く育てるとともに、懸命に活動する姿を目にした観光客の方々に対する環境美化の働きかけにもつながっています。

山下公園は横浜中華街のすぐそばに位置していることもあり、国際色豊かな公園です。国内外から多くの方々が訪れるこの公園を美しく保ち、訪れた方が気持よく過ごす空間を絶やさずに提供し続けるために、すでに参加している社員はもちろんのこと、まだ参加したことがない社員にも関心を持ってもらい、将来に活動をつなげていけるよう、NTT東日本 神奈川グループは地域の環境保全に継続して取り組んでまいります。