企業情報


ホーム > 企業情報 > 広報宣伝活動 > NTT東日本シンボルチーム > お知らせ > お知らせ(2018年) > バドミントン部のお知らせ


お知らせ

BADMINTON

2018年12月3日

第72回全日本総合バドミントン選手権大会 男子シングルスで桃田選手が優勝 お知らせ一覧へ

巧みなヘアピンと鋭いスマッシュでリードを
広げ、3年ぶり2度目の優勝を果たした
桃田選手

昨日、駒沢オリンピック公園総合運動場体育館にて第72回全日本総合バドミントン選手権大会の決勝が行われ、NTT東日本バドミントン部からは男子シングルスに桃田 賢斗選手が出場し、西本 拳太選手(トナミ運輸)と対戦しました。

前日の準決勝は常山 幹太選手(トナミ運輸)の棄権のため不戦勝で決勝に進出した桃田選手は、第1ゲームをわずか9ポイントで先取し勝利を引き寄せます。
しかし第2ゲームでは西本選手の攻撃に押されてリードを許すとミスも誘われ、このゲームを落としてしまいます。
迎えたファイナルゲームでは、序盤から鋭いショットを決めると落ち着いたプレーで5連続、4連続とポイントを決め、前半を11-3で折り返します。
後半に入ってからも相手の隙をつくショットや強烈なスマッシュで西本選手を寄せ付けず21-11で勝利。75分間におよぶ熱戦を制し、3年ぶり2度目の優勝を果たしました。

【第72回全日本総合バドミントン選手権大会】
日程:11月26日(月)〜12月2日(日)
会場:駒沢オリンピック公園総合運動場体育館(東京都)

男子シングルス: 優勝 桃田 賢斗
  1回戦敗退 小本 大佑
  1回戦敗退 馬場 湧生
女子シングルス: ベスト8 三谷 美菜津
  1回戦敗退 大家 夏稀
  1回戦棄権 橋本 由衣
  予選敗退 永井 瀬雰
男子ダブルス: ベスト8 古賀 輝・齋藤 太一
  1回戦敗退 西川 裕次郎・星野 翔平
女子ダブルス: ベスト16 渡邉 あかね・新玉 美郷
  1回戦敗退 尾﨑 沙織・川島 里羅
混合ダブルス: ベスト8 西川 裕次郎・尾﨑 沙織
  ベスト16 藤野 琢人・福万 尚子(ヨネックス)

大会期間を通して選手たちへの温かいご声援、誠にありがとうございました。