企業情報


ホーム > 企業情報 > 広報宣伝活動 > NTT東日本シンボルチーム > NTT東日本シンボルスポーツ倫理憲章

NTT東日本シンボルスポーツ倫理憲章

NTT東日本シンボルスポーツチーム(野球部、バドミントン部、漕艇部のチーム、及び個人認定を受けた選手も含む。以下「シンボルチーム」という)に所属する選手は、NTTグループ企業倫理憲章及びNTT東日本シンボルスポーツ倫理憲章、更には、これらに基づく行動規範に則って行動することにより、不正・不祥事を起こすことなく各種競技活動に全力をもって取り組み、健全な企業スポーツ活動の実践とスポーツ振興や社会貢献につなげていくこととします。

  1. シンボルチーム選手は、常に法令・社内規定・行動規範を遵守し、公私を問わず高い倫理観を持って行動することとします。とりわけ、以下に掲げる法令等の遵守や社会的責任を果たすことにより、社会的信用の維持・向上と心身の健全な成長に取り組んでいきます。
    (1)人権尊重と差別の禁止 (2)ハラスメントの禁止 (3)違法賭博の禁止
    (4)ドーピングの禁止 (5)違法薬物や問題飲酒行動等の禁止 (6)反社会的勢力との断絶
    (7)不正な利益の収受行為及び私的利益追求の禁止 (8)個人情報等の適正な管理
    (9)適正な経理処理 (10)公正な取引関係の維持 (11)地域社会への貢献
    (12)ステークホルダーに対しての活動状況の開示
  2. シンボルチーム選手は、社員の士気高揚・一体感の醸成及び企業マインドの向上に努めることとし、チームを支え応援いただく方々への感謝の気持ちを常に忘れず、真摯に競技と向き合い、相互尊敬に基づくスポーツにおけるフェアプレーの精神を深めつつ、競技力の向上と心身の健全な成長に全力を尽くします。
  3. 各チームの監督・コーチ及び部長等(以下、「スタッフ」という)は、自らの行動を律すことはもとより、選手に対し法令及び社内規定の遵守と各種倫理憲章に沿った行動をするよう、指導・教育に努めることとします。
  4. NTT東日本は、シンボルチーム選手に対し、機会をとらえ倫理教育・コンプライアンス教育を行い、不正・不祥事の防止に努めます。
  5. シンボルチーム選手は、スポーツ活動を通じ、地域のスポーツ振興及び青少年の健全な育成など、積極的な社会・地域貢献に努めます。
  6. 不正・不祥事を知ったシンボルチーム選手は、監督・コーチ・部長等にその事実を速やかに報告することとします。また、これによることができない場合は、「企業倫理ヘルプライン」に申告することができます。これら報告等を受けた場合、NTT東日本は、迅速かつ的確に事実の確認と原因究明を行い、不正・不祥事と認められた場合は、適切な対処によって問題の解決に取り組むこととします。