企業情報


ホーム > 企業情報 > お知らせ・報道発表 > 報道発表資料 > 2017年 > 10月


News Release 東日本電信電話株式会社

2017年10月24日

「フレッツ・VPN ゲート」における「ユーザ認証代行機能」の利用対象に1G、10Gメニューが追加
〜お客さまのプライベートネットワークの構築・運用をより手軽に〜

  • NTT東日本は、「フレッツ・VPN ゲート」の10M、100Mメニューで既に提供中の「ユーザ認証代行機能」(以下、本機能)について、お客さまの通信大容量化等のニーズを受け1G、10Gメニューにも拡張いたします。
  • 本機能の利用対象メニューの拡張により、1G、10Gメニューでは従来必要であった認証サーバ等のお客さまによる設置が不要になり、「フレッツ・VPN ゲート」を利用したプライベートネットワークの構築および運用をより手軽に行うことが可能となります。

1.「フレッツ・VPN ゲート」 における本機能の概要

本機能は、「フレッツ 光ネクスト」等の回線サービスから「フレッツ・VPN ゲート」へ接続する際に必要な認証をNTT東日本にて代行する機能です。

本機能をご利用いただく場合、お客さまにて認証サーバ※1等を設置する必要が無くなることから、認証サーバの導入にかかるイニシャルコストや、サーバ運用にかかるコストの負担が軽減でき、「フレッツ・VPN ゲート」を利用したプライベートネットワークの構築および運用をより手軽に行うことが可能となります。

  • ※1認証サーバとは、エンドユーザさまからの接続要求を受け取り、正規のユーザであるかどうかの判定(ユーザ認証)を行うためのサーバです。

2.「フレッツ・VPN ゲート」 における本機能の1G、10Gメニュー追加について

  1. (1)提供の背景と目的

    「フレッツ・VPN ゲート」における本機能は10M、100Mメニューをご利用のお客さま向けに提供しておりましたが、通信の大容量化や、1G、10Gメニューをご利用のお客さまにおいても、オンプレミス解消というニーズが顕在化したことを受け提供させていただきます。

  2. (2)サービスイメージ

  3. (3)提供プランおよび提供料金※2

    現在提供中のプラン1〜7に加え、本機能の利用対象の拡張にあわせてプラン8〜13を追加

  4. (4)提供条件
    • 契約形態
      「フレッツ・VPN ゲート(10M、100M、1G、10Gメニュー)」の付加機能として提供
    • 提供エリア
      NTT東日本の「フレッツ・VPN ゲート」の提供エリア
  5. (5)受付および提供開始予定日

    受付開始:2017年10月24日(火)

    提供開始:2018年3月5日(月)

3.「フレッツ・VPN ゲート」利用例

【利用例1】複数拠点を抱える企業さまへの導入

インターネットVPN等を利用し拠点間通信を行っている企業さまが、フレッツ・VPN ゲートの導入により、信頼性の向上および簡単に複数拠点ネットワークの構築・管理を実現。

【利用例2】IoT等多拠点のデータをセンタに収集

数千〜数万拠点の駐車場における映像をインターネット経由でデータセンタへ集約し、利用状況を確認していたが、フレッツ・VPN ゲートの導入により、信頼性の高いネットワークを実現。

4.お申し込み・お問い合わせ先

  1. (1)お客さまを担当する弊社営業担当者にお申し込み・お問い合わせください。
  2. (2)インターネットによるお問い合わせについて
    「フレッツ・VPN ゲート」に関するお問い合せフォーム(https://flets.com/inquiry/vpngate/form.html新規ウィンドウで開く)よりお問い合せください。

報道発表資料に記載している情報は、発表日時点のものです。
現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。