企業情報


ホーム > 企業情報 > お知らせ・報道発表 > 報道発表資料 > 2016年 > 7月


News Release 東日本電信電話株式会社

2016年7月8日

女性活躍推進法に基づく優良企業認定マーク「えるぼし」最高位の3段階目に認定

NTT東日本は、2016年6月30日、「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(以下、女性活躍推進法)」に基づき、厚生労働大臣から女性の活躍推進に関する優良な企業として認定され、認定マーク「えるぼし」の最高位を取得いたしました。

本認定は、女性活躍推進法に基づく行動計画の策定・届出を行った企業のうち、女性の活躍に関する取組の実施状況が優良な企業について厚生労働大臣から受けるものです。認定は、評価された項目数に応じて3段階あり、NTT東日本はすべての項目において基準を満たしており、最上位である3段階目の認定を取得しました。

今回の認定は、これまで多様な人材が活躍する職場環境・風土醸成の取り組みの一つとして注力してきた、女性の活躍推進の取り組みが評価されたものと考えております。

NTT東日本は、これからもダイバーシティを重要な経営戦略のひとつと位置づけ、社員一人ひとりがいきいきと自らの力を発揮することできる環境づくりに積極的に取り組んでまいります。そして、お客さまに価値のあるサービスを提供し、豊かな社会の実現に貢献していきます。

認定マーク「えるぼし」(3段階目)

NTT東日本の女性活躍推進に関する取り組みについて

NTT東日本では、ダイバーシティ・マネジメントを重要な経営戦略として位置づけ、2012年3月には、ダイバーシティに関するビジョンおよびコミットメントを宣言※1し、女性活躍推進に関する様々な取り組みを実施しています。

《具体的な取り組み例》

  • 2014年3月に、5年後(2019年3月末)までに女性マネージャー数を倍増(約300人)にする目標を宣言。
  • 2014年7月に育児休職中社員の早期職場復帰支援を目的とした事業所内保育所「DAI(ダイ)★KIDS(キッズ)初台」を開設。
  • 女性マネージャーによるプログラム「きらきらサポーターズカフェ※2」を展開するとともに、キャリア開発研修や育児中社員研修、さらに女性部下を持つ上司向け研修を実施。
  • 育児や介護等、様々なライフイベントを迎えてもキャリアを継続し、仕事との両立を実現するための服務制度や環境づくりを推進。
  • ※1詳細は以下をご覧ください。
    NTT東日本におけるダイバーシティの取り組みについて
  • ※2きらきらサポーターズカフェ
    仕事でもプライベートでも経験豊富な女性マネージャーが各職場に出向き、キャリアアップやワーク・ライフ・バランスのアドバイスを行うサポート・プログラム。

【参考】
厚生労働省「女性活躍推進法」ホームページ
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000091025.html新規ウィンドウで開く

報道発表資料に記載している情報は、発表日時点のものです。
現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。