企業情報


ホーム > 企業情報 > お知らせ・報道発表 > 報道発表資料 > 2016年 > 3月


News Release 東日本電信電話株式会社

2016年3月17日

NTT東日本が「平成27年度 新・ダイバーシティ経営企業100選」を受賞

NTT東日本は、2016年3月16日、経済産業省が主催する「平成27年度 新・ダイバーシティ経営企業100選」を受賞しました。

今回の受賞は、多様な人材が活躍する職場環境・風土醸成に取り組んできた結果、新たなサービスの創出や事業の拡大につながったことと、社員一人ひとりの効率的かつ生産性の高い働き方の推進に向けた「全社的な働き方改革」の取り組みが評価されたものと考えております。

NTT東日本は、これからも社員一人ひとりがいきいきと自らの力を発揮することで、お客さまに価値のあるサービスを提供し、豊かな社会の実現に貢献するため、ダイバーシティ&インクルージョン※1の取り組みを積極的に推進してまいります。

  • ※1多様な人材を受け容れ、異なることを互いに尊重するとともに、個人個人の能力を引き出し、それが組織の価値となるよう活かすこと

NTT東日本のダイバーシティに関する取り組みについて

NTT東日本では、ダイバーシティ・マネジメントを重要な経営戦略として位置づけ、2012年3月には、ダイバーシティに関するビジョンおよびコミットメントを宣言※2し、さまざまな施策を実施しています。

「多様な人材の活躍」の一つとして取り組んでいる「女性活躍推進」では、若手社員から管理者まで各層のキャリアアップを図るため、女性キャリア開発研修や、女性を部下に持つ上司への研修のほか、異業種企業との対話会などを実施しています。「全社的な働き方改革」では、社員一人ひとりが限られた時間の中でメリハリのある効率的な働き方を意識し、生産性を高めることを目的とした「働き方改革(Value Working)」を推進し、モバイルワーク等の活用や時間外労働の朝型シフト、積極的な休暇取得促進に取り組んでいます。

【参考】「新・ダイバーシティ経営企業100選」について
「ダイバーシティ経営企業100選」は、経済産業省が平成24年度に開始した「ダイバーシティ経営によって企業価値向上を果たした企業」を表彰する事業です。平成27年度からは、新たなフェーズとして、重点テーマを設定した「新・ダイバーシティ経営企業100選」として開始されています。

報道発表資料に記載している情報は、発表日時点のものです。
現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。