企業情報


ホーム > 企業情報 > お知らせ・報道発表 > 報道発表資料 > 2016年 > 1月


News Release 東日本電信電話株式会社

2016年1月13日

“防災とボランティア週間”におけるWi-Fiスポットサービス「光ステーション」の体験利用について

万一の災害時に、被災者や帰宅困難者がWi-Fiスポットサービス「光ステーション」に接続し、Wi-Fiインターネットをご利用いただくためには、事前に接続方法を体験していただくことが有効であることから、2016年1月15日(金)から始まる“防災とボランティア週間”に合わせて、「光ステーション」を体験利用できるようにします。

1.概要

NTT東日本は、万一の災害時に公衆無線LANアクセスポイントサービス「光ステーション」※1のWi-Fiインターネットの時間制限※2を解除し、被災者や帰宅困難者がスマートフォン等を「光ステーション」に接続してWi-Fiインターネットにより「災害用伝言板(web171)」等での安否情報の確認やWebサイトでの情報収集等ができるようにする運用をしています※3

万一の災害時に「光ステーション」に接続し、Wi-Fiインターネットをスムーズにご利用いただくことを目的に、これまでも“防災週間”や“防災とボランティア週間”において体験利用を行っておりました。

2016年1月15日(金)から始まる“防災とボランティア週間”においても、東日本エリア※4で現在約5万の店舗・施設等※5に導入されている「光ステーション」の接続をどなたでも体験利用していただけるようにします。

  • ※1「光ステーション」のサービス内容については、【別紙1】を参照下さい。
  • ※21日最大15分×2回(一部のアクセスポイントは1日最大60分×4回)
  • ※3自治体の要請等に基づき、市区町村単位でWi-Fiインターネットの時間制限を解除します。
  • ※4新潟県、長野県、山梨県、神奈川県以東の17都道県です。
  • ※5「光ステーション」設置場所については、https://flets.com/spot/ap/ap_search_s.html新規ウィンドウで開くを参照下さい。
  • 「光ステーション」の体験利用は、スマートフォン向けアプリケーション「Japan Connected-free Wi-Fi」ではご利用いただけません。

2.体験利用期間

2016年1月15日(金)9時〜1月21日(木)17時

3.利用手順

「光ステーション」設置店舗・施設等において、ご利用のスマートフォン等のWi-Fiネットワーク一覧よりSSID「0000FLETS-PORTAL」※6に接続し、ブラウザを起動してバナーをタップすることでインターネットをご利用いただけます。詳細は「【別紙2】」を参照下さい。

  • 一度にWi-Fi接続できる時間は30分です。再接続すれば複数回の利用も可能です。
  • ※6自治体等が設置した一部アクセスポイントはSSIDが異なる場合があります。

4.「光ステーション」に関する店舗・施設等オーナーさまからのお問い合わせ先

報道発表資料に記載している情報は、発表日時点のものです。
現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。