企業情報


ホーム > 企業情報 > お知らせ・報道発表 > 報道発表資料 > 2015年 > 7月


News Release 東日本電信電話株式会社

2015年7月13日

HEMSサービス「フレッツ・ミルエネ」の「スマートメーター対応USBドングル」および「リアルタイム遠隔家電操作機能」の提供開始について

  • NTT東日本は、電力小売全面自由化に伴うHEMS※1サービス活用ニーズの高まりとスマートメーター※2の今後の普及を見据え、HEMSサービス「フレッツ・ミルエネ」においてスマートメーター対応USBドングルおよび、リアルタイム遠隔家電操作機能を、2015年7月13日より提供開始いたします。
  • ※1「Home Energy Management System(ホーム エネルギー マネジメント システム)」。家庭で使うエネルギーを節約するための管理システム
  • ※2従来のアナログ式誘導型電力量計と異なり、電力をデジタルで計測し、メーター内に通信機能を持たせた次世代電力量計

1.概要

(1)スマートメーター対応USBドングル

フレッツ・ミルエネをご利用のお客様に「スマートメーター対応USBドングル(以下、本機器)」を販売開始します。本機器をフレッツ光のホームゲートウェイ(HGW)に接続することで、スマートメーターからの正確な電力使用量の計測が可能となる上、これまでの分電盤への計測器等の設置が不要となります。なお、本構成で、2015年2月にSMA認証※3を取得しています。

 

本機器の外観

(参考)接続イメージ

 

  • ※3「Smart Meter Application(スマートメーター アプリケーション)認証」スマートメーター・家庭内のエネルギー管理システム(HEMSコントローラー)間のアプリケーション通信のインターフェース仕様書に基づき実施される、第三者認証機関による実機試験での仕様適合性認証

(2)リアルタイム遠隔家電操作機能

スマートフォンやタブレットに専用のアプリケーション「ミルエネ家電コントローラー」をダウンロードいただくことで、ECHONET Lite※4対応家電の遠隔操作が可能となります。これまで当社が提供していた家電操作は操作指示が反映されるまで5分程度のタイムラグがありましたが、今回HGWに家電操作ソフトウェアの配信を行うことでリアルタイムに操作が可能となります。本機能はスマートメーター対応USBドングルを購入いただいたお客様へ提供します。

また、メーカーの提供する各種家電と本アプリケーションとの動作検証を相互に実施し、対応家電一覧をHP※5上で公開いたします。

  • ※4家電機器、スマートメーター、太陽光発電システムなどの制御を規定したHEMS構築のための通信規格。
  • ※5各メーカーの対応家電一覧はこちらをご確認ください (https://flets.com/eco/miruene/spec.html 新規ウィンドウで開く
  • 家電操作画面(エアコンの場合)イメージ

    本機器の外観

  • 遠隔家電操作機能対応メーカーは以下のとおり(会社名五十音順)
    ・シャープ株式会社 ・ダイキン工業株式会社※6 ・東芝ライフスタイル株式会社 ・パナソニック株式会社
    ・株式会社富士通ゼネラル ・三菱電機株式会社
    • ※6対応家電一覧公開は2016年4月予定

2.提供料金・提供条件等

<提供料金>
  • スマートメーター対応USBドングル
    5,000円(税抜)
  • リアルタイム遠隔家電操作機能
    無料
<提供条件>
ご利用にはフレッツ・ミルエネの契約が必要となります。
<提供エリア>
東京電力管内
  • その他のエリアは電力会社のスマートメーター設置・Bルートサービス提供スケジュールに応じて順次提供予定

3.提供開始日

2015年7月13日(月)

4.その他

フレッツ・ミルエネ事業者向けプラン※7ご契約の事業者にも、本機器およびリアルタイム遠隔家電操作機能を提供いたします。

  • 本機器の提供は東日本エリア管内の事業者に限ります

5.お申し込み・お問い合わせ先

お電話によるお申し込み・お問い合わせ先
電話番号:0120-116116(午前9時〜午後5時)

報道発表資料に記載している情報は、発表日時点のものです。
現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。