企業情報


ホーム > 企業情報 > お知らせ・報道発表 > 報道発表資料 > 2014年 > 3月


News Release 東日本電信電話株式会社

平成26年3月7日

「2014 J-Winダイバーシティ・アワード ベーシックアチーブメント準大賞」の受賞について

NTT東日本は、3月7日に特定非営利活動法人ジャパン・ウィメンズ・イノベイティブ・ネットワーク(略称:NPO法人 J-Win)が主催する「2014 J-Winダイバーシティ・アワード(企業賞)」のベーシック部門において、「ベーシックアチーブメント準大賞」を受賞しました。

「J-Winダイバーシティ・アワード」ロゴ

(J-Winダイバーシティ・アワードについて)
「J-Winダイバーシティ・アワード」は、2008年から毎年1回、ダイバーシティ&インクルージョン※1推進に積極的に取り組んでいる企業を表彰するもので、今年で7回目となります。

NTT東日本では、ダイバーシティ・マネジメントを重要な経営戦略として位置づけ、2008年にダイバーシティ推進室を設置しました。2012年3月には、ダイバーシティに関するビジョンおよびコミットメントを宣言※2し、具体的な3つのポリシーとして、(1)社員のキャリア開発、(2)生産性向上(ワーク・ライフ・バランスの推進)、(3)ダイバーシティ・ポジティブアクションを掲げ、さまざまな施策を実施しています。

その中で当面は特に女性の活躍をより強力に推進することとし、「2016年度末までに女性マネージャー数倍増(2011年度末比)」の具体的な目標を設定して取り組んでおり、女性マネージャー数は今年度約170名まで増えてきています。

トップダウンによるダイバーシティ&インクルージョンの浸透と女性マネージャーによる「きらきらサポーターズカフェ※3」などの特色あるボトムアップ活動を積極的に展開し、「キャリア開発研修」や「女性部下をもつ管理者向け研修」により女性社員及びその上司の意識変革とキャリア開発を進めてきました。また、仕事と育児との両立を図ることを目的とした事業所内保育所「DAI★KIDS初台」の設置、育児休職復帰者研修の実施など、女性活躍を推進するための具体的な取り組みを行っています。

今回の受賞は、このような取り組みの積み重ねが評価されたものと考えております。

NTT東日本は、これからも社員一人ひとりがいきいきと自らの力を発揮することで、お客さまに価値あるサービスを提供し、豊かな社会の実現に貢献するため、ダイバーシティ&インクルージョンの取り組みを積極的に推進してまいります。

  • ※1多様な人材を受け容れ、異なることを互いに尊重するとともに、個人個人の能力を引き出し、それが組織の価値となるよう活かすこと
  • ※2詳細は以下をご覧ください。
    NTT東日本におけるダイバーシティの取り組みについて
    http://www.ntt-east.co.jp/release/detail/20120329_02.html
  • ※3仕事でもプライベートでも経験豊富な女性マネージャーが各職場に出向き、キャリアアップやワーク・ライフ・バランスのアドバイスを行うサポート・プログラム
【関連サイト】
特定非営利活動法人ジャパン・ウィメンズ・イノベイティブ・ネットワーク
http://www.j-win.jp/新規ウィンドウで開く

報道発表資料に記載している情報は、発表日時点のものです。
現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。