企業情報


ホーム > 企業情報 > お知らせ・報道発表 > 報道発表資料 > 2013年 > 10月


News Release 東日本電信電話株式会社

平成25年10月18日

『NTT東日本グループCSR報告書 2013』の発行について

  • NTT東日本は、NTT東日本グループのコーポレートガバナンス・企業倫理・環境保全活動・社会貢献活動・個人情報保護等、2012年度を中心とした取り組みと実績をまとめた「NTT東日本グループCSR報告書 2013」※1(以下、本報告書)を平成25年10月18日に発行します。
  • NTT東日本グループならではのCSR活動事例を紹介した「CSR現場レポート」など、特に重要と考えお伝えしたい情報を分かりやすく編集した「ダイジェスト版」(冊子)を発行するとともに、ホームページで具体的な活動事例やより詳細なデータ等を掲載する「詳細版」(Web、PDF)を公開し、NTT東日本グループのCSR活動をより分かりやすくお伝えしています。
  • 本年度は、新たに整理した「CSR活動フレーム」※2を紹介するとともに、通信事業者として、「つなぐ」という使命のもと取り組んでいる通信ネットワークのさらなる信頼性向上、地域活性化の取り組み等、NTT東日本グループのさまざまな活動について、詳しく紹介しております。
  • ※12000年度から「環境報告書」、2006年度からは「CSR報告書」として、毎年1回発行。
  • ※2NTTグループCSR憲章を土台に据え、KPI(キーパフォーマンス指標)を通じたPDCAサイクルの実践により、ありたい姿として掲げる「『人と通信で、地域をつなぐ会社』として進化し続ける」ことを図式化したもの。

1.本報告書の概要

本報告書は、新たに整理した「CSR活動フレーム」のコンセプトを踏まえ、「NTTグループCSR憲章」の4つのCSRテーマ※3に沿って制定したCSR重要活動項目「NTT東日本グループCSR目標」を軸に、NTT東日本グループのCSR活動のPDCA(Plan-Do-Check-Action)サイクルに配意した構成とし、NTT東日本グループにおける2012年度を中心としたCSR活動事例を掲載しています。

  • ※3「安心・安全なコミュニケーション」「人と社会のコミュニケーション」「人と地球のコミュニケーション」「チームNTTのコミュニケーション」

2.本報告書の主なトピックス

「トップメッセージ」(「新たなステージに向けて、『人と通信で、地域をつなぐ会社』として、進化し続けます」)や「CSR活動フレーム」、「NTTグループCSR憲章」の4つのテーマに沿って全体の取り組み達成レベルを推し量ることのできるシンボリックな指標として設定したKPI(キーパフォーマンス指標)等を紹介しています。

また、それぞれのコミュニケーションごとの「NTT東日本グループならではの活動」について、「CSR現場レポート」において詳しく紹介しています。

  1. (1)安心・安全なコミュニケーション

    東日本大震災を教訓とし、大規模災害が発生した際の、情報収集の手段確保に向け非常用電話機(特設公衆電話)の避難所等への事前配備の取り組みについて紹介しています。

  2. (2)人と社会のコミュニケーション

    NTT東日本の「フレッツ光」回線を用いたWi-Fiサービス「光ステーション」を活用した情報発信により、国内外からの観光客に地域の魅力をリアルに伝え、観光地をより身近に感じてもらう「世界遺産のまち 平泉」、「観光のまち おながわ」における観光活性化の活動を取り上げ、地域と観光客の皆さまをつなぎ地域の活性化に貢献していく取り組みについて紹介しています。

  3. (3)人と地球のコミュニケーション

    景勝地である長野県上高地における、災害にも強く、周辺環境への影響も最小限に抑えた通信設備構築の取り組みについて紹介しています。

  4. (4)チームNTTのコミュニケーション

    通信事業者として人と人、人と社会、そしてあらゆるものを確実に「つなぐ」という電気通信事業開始以来受け継いできた使命『つなぐDNA』を継承していくための人材育成の取り組みについて紹介しています。

3.その他

  1. (1)本報告書の作成にあたり、用紙・インキ・印刷・製本等の印刷の過程において、環境へ配慮した対応を行っています。
  2. (2)本報告書は、本日からホームページでもご覧いただけます。「ダイジェスト版」(冊子)のデータファイルに加え、より具体的な活動事例やより詳細なデータを記載した「詳細版」(Web、PDF)のデータファイルおよび更新情報を掲載しています。URLは下記の通りです。

報道発表資料に記載している情報は、発表日時点のものです。
現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。