企業情報


ホーム > 企業情報 > お知らせ・報道発表 > 報道発表資料 > 2012年 > 1月


報道発表資料

平成24年1月27日
株式会社Z会
東日本電信電話株式会社

「光iフレーム2」を活用した家庭内での新たな学びの形 幼児・小学校低学年向けの通信教育「デジタルZ」を提供開始

株式会社Z会(本社:静岡県駿東郡長泉町、代表取締役社長:西村稔、以下「Z会」)と東日本電信電話株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:江部努、以下「NTT東日本」)は、家庭における新たなICT教育シーンの創出ならびに普及拡大に向けて、新たな学びの形として、Z会が提供するデジタル通信教育「デジタルZ」※1を、NTT東日本の「光iフレーム2」※2ならびに「フレッツ・マーケット」をご利用のお客様へ平成24年4月より提供開始します。

  • ※1「デジタルZ」は、Z会が提供するタブレット端末で学ぶ幼児・小学校低学年向けデジタル通信教育教材です。
  • ※2「光iフレーム2」は、NTT東日本が提供する情報配信サービス「フレッツ・マーケット」に対応したタブレット端末で、平成23年12月9日より提供開始しております。

1.提供開始の背景

近年、教育分野においては、ICT活用による学習効率の向上や学ぶ意欲・楽しさの醸成等の効果を期待した、タブレット端末やスマートフォンなどの情報機器と生徒一人一人の学習状況を把握するラーニングマネジメントシステムとの連携を図った新たな学習スタイルが登場しました。

これら新たな取り組みは学校や企業等の教育現場で導入され始めた一方、家庭への導入については、所有する端末仕様が区々であったり、宅内ブロードバンド環境の有無等が課題となっていました。

このような状況を踏まえ、幼児・小学校低学年向けにタブレット端末で学ぶデジタル通信教育教材を開発したZ会と、「フレッツ光」、「光iフレーム」とWi-Fiご利用環境の普及拡大を推進するNTT東日本が相互に協力し、‘家庭における新たなICT教育シーン’の創出ならびに普及拡大を図ってまいります。

2.取り組みの内容

  1. (1)「デジタルZ」のサービス概要について

    Z会が幼児・小学校低学年向けの講座としてAndroidOSを用いたタブレット端末向けに提供・開講する新たな通信教育教材です。画面をタップする直感的な操作を通じて、基礎的な内容を楽しみながらしっかりと学び、身につけることができます。また、子どものやる気を維持・向上させていくことを目的に、毎月、端末での学習終了後、先生が個人の学習状況に応じて生徒にメッセージを送る、双方向コミュニケーションの仕組みも取り入れた通信教育です。

  2. (2)第1弾教材「はじめてまなぶえいご」について

    「デジタルZ」の第一弾教材として、はじめて英語を学ぶ6歳から8歳の幼児・小学校低学年の児童を対象にした「はじめてまなぶえいご」を平成24年4月より提供開始します。主に音声を「きく」ことを重視した学習形式で、身近なものを表す英単語に繰り返し触れてもらい、無理なく英語の世界を広げていきます。「はじめてまなぶえいご」の教材の学習回数、価格等は以下の通りです。また、今後は「かがく」など他の科目も提供予定です。

    <1>カリキュラム1コース 全12ステージ(12ヵ月で学習)
    <2>価格(税込金額) 一括払いの場合(12回分)28,500円(1回あたり2,375円)
    分割払いの場合 2,750円/1回(全12回)[支払い総額:33,000円]
  3. (3)「光iフレーム2」ご利用者向け、「デジタルZ はじめてまなぶえいご」体験版アプリの提供について

    平成24年4月の「デジタルZ」提供開始に先駆けて本教材を気軽に体験いただけるよう、Z会は「デジタルZ はじめてまなぶえいご」1レッスン分を無料で利用できる「光iフレーム2」限定体験版アプリを平成24年3月1日(木)より提供します。

  4. (4)宅内への無線LANインターネット環境(Wi-Fi環境)の導入等支援

    Z会の用意する「デジタルZ」事務局を通じて「デジタルZ」ならびに「光iフレーム2」をお申込みいただいたお客様には、ご家庭への「フレッツ光」ならびに無線LANによるインターネット環境(Wi-Fi環境)、「光iフレーム2」の導入に向けたコンサルティングを無料で実施する予定です。

3.今後の取り組みについて

教育分野における更なるICT活用の進展を見据え、本協業により得られた成果やノウハウをもとに、Z会は小学校高学年から高校生また大学生・社会人向け教育への拡大を進めていくとともに、NTT東日本はICTを活用した新たな教育シーンの創出を積極的に進めていきます。

報道発表資料に記載している情報は、発表日時点のものです。
現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。