NTT東日本

企業情報


ホーム > 企業情報 > 公開情報 > 公衆電話インフォメーション > 公衆電話 > 公衆電話の種類と利用方法


公衆電話の種類と利用方法

緊急通報ボタン(赤いボタン)がない公衆電話

通常時

  1. 受話器を上げると受話口から発信音(ツー)が聞こえます。
  2. 硬貨かカードを投入してください。
  3. ダイヤルしてください。
  • 停電時は、テレホンカードはご利用いただけません。

緊急通話(110、118、119)のかけ方

  1. 受話器を上げると受話口から発信音(ツー)が聞こえます。
  2. 110、119等をダイヤルしてください。
  • 硬貨やカードは不要です。

災害等発生に伴う無料化実施時

  1. 受話器を上げると受話口から発信音(ツー)が聞こえます。
  2. そのままダイヤルしてください。

緊急通報ボタン(赤いボタン)がある公衆電話

通常時

  1. 受話器を上げてください。
  2. 硬貨かカードを投入すると受話口から発信音(ツー)が聞こえます。
  3. ダイヤルしてください。
  • 停電時は、テレホンカードはご利用いただけません。

緊急通話(110、118、119)のかけ方

  1. 受話器を上げ、「緊急通報ボタン(赤いボタン)」を押すと、受話口から 発信音(ツー)が聞こえます。
  2. 110、119等をダイヤルしてください。
  • 硬貨やカードは不要です。

災害等発生に伴う無料化実施時

  1. 受話器を上げてください。
  2. 硬貨かカードを投入すると受話口から発信音(ツー)が聞こえます。
  3. ダイヤルしてください。(通話終了後、硬貨またはカードはそのまま戻ります。)