企業情報


ホーム > 企業情報 > 広報宣伝活動 > 子どもたちに向けた取り組み > ネット安全教室


ネット安全教室

パソコンや携帯電話でインターネットを使う子どもたちが増えるとともに、ICT時代ならではのトラブルも増加しています。トラブルを防ぐためには、子どもたち自身のスキルアップや知識の習得が求められています。
NTT東日本では、2006年度下半期よりCSR活動の一環として 「次世代のICT社会を担う人材の育成」を掲げ、社員が東日本地域の小学校などへ講師としてお伺いし、インターネット上のコミュニケーションのしかた、マナーをテーマにした出張授業「ネット安全教室」を継続的に開催しています。
この授業を通し、次代を担う子どもたちのメディアリテラシー育成の一助となれば幸いです。

トピックス

ご存知ですか? 〜学校における「情報モラル」教育のうごきについて〜

「情報モラル」教育のうごきについて

2年間の試行を経て、2009年度に改定された学習指導要領に基づき、2011年度から全国の小学校で「情報モラル」に関する指導が行われます。
高度に情報化する社会で、子どもたちの情報モラル教育は、よりその必要性を増しています。

ネット安全教室の授業の様子(1/3)

ネット安全教室の授業の様子(2/3)

ネット安全教室の授業の様子(3/3)

ネット安全教室 開催概要

ネット安全教室 開催概要

NTT東日本の社員が講師となり、東日本地域(※)の小学校などへ伺い、授業を行います。
授業では、シチュエーションに応じて「対面」と「インターネット上」での対話を使い分け、トラブルを防ぐための上手なコミュニケーションのしかたをアニメや実技などを通して学びます。
※北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、新潟県、山梨県および長野県。

授業のコンセプト パソコンやタブレット、スマートフォンや携帯電話の利用を禁止する「べからず教育」ではなく、お子様自身がトラブルを未然に防ぐ判断力を養えるよう教えます。
対象 小学校3年生〜中学1年生
※対象学年は目安です。他の学年については、お問い合わせください。
料金 無料
時間 45分(授業1コマ)〜
授業の構成
  1. [1]アニメーション視聴
  2. [2]スライドを使用した講師からの説明(一部実技あり)
カリキュラム概要
事前にご用意いただくもの スクリーン、プロジェクター、マイク、アンプ
※パソコン、スピーカーは、当日社員が持参します。
監修(敬称略) 一般財団法人インターネット協会 主幹研究員 大久保貴世 他

ネット安全教室 お問い合わせ窓口一覧

ネット安全教室 お問い合わせ窓口一覧

開催のお申し込みやお問い合わせは、学校の地域ごとにNTT東日本の各支店にて受け付けています。

「ネット安全教室」に関するその他ご質問やご意見などは、NTT東日本 広報室にて受け付けています。
メールアドレス:ntteast-kids@ml.east.ntt.co.jp

<ネット安全教室ブログの公開終了のお知らせ>
ネット安全教室開催と同時に始めましたネット安全教室ブログですが、OCNブログ人のサービス提供終了に伴い2014年11月30日をもちまして終了させていただきました。