企業情報


ホーム > 企業情報 > 公開情報 > 情報webステーション > 相互接続に関する情報 > 網同期クロックの出力に関する情報


網同期クロックの出力に関する情報

当社の通信用建物等において、接続申込者等が接続に必要な装置等を設置する場合における「網同期クロックに関する情報」を下記に示します。

1.64kクロック分配部、0.4kクロック分配部の出力信号電気特性

110Ω純抵抗終端に対して

  • 振幅:1V0-p±0.1V以内
  • 半値幅:7.8±0.78μs以内

64kクロック分配部:64kHz+8kHzの複合バイポーラ信号を出力
0.4kクロック分配部:64kHz+8kHz+0.4kHzの複合バイポーラ信号を出力

2.周波数確度

通常時、マスタクロックに同期している場合、1×10-11〜10-10程度の周波数のクロックを出力

3.位相変動量

マスタクロックに対して、日間変動、季節変動による位相変動量を含め、10μs程度以内の位相変動量である

4.位相跳躍特性

クロック系装置の冗長部系切替等により、最大200nsの位相跳躍が発生する場合がある

  • 定常時は、入力断やクロック供給装置内の切替は発生しないため、位相跳躍はしません。

5.ジッタ特性

現在のところ、64kHz+8kHz+0.4kHzクロックにおいて、0.1Hzから64kHzの周波数における正弦波ジッタに対して、Peak-to-Peak値で100ns程度以上のジッタ耐力を有する装置では、同期外れ等の不具合は発生しておりません

ダウンロード