ページの先頭です。

NTT東日本

企業情報


ホーム > 企業情報 > CSR活動 > 環境活動 > GREEN of ICT > 地球温暖化防止


環境活動

わたしたちの美しい地球を未来につなぐために | わたしたちの事業活動を通じて、今と未来をつなぐ | NTT東日本の事業に伴って消費している資源やエネルギー活動の低減に努めます。

地球温暖化防止

わたしたちは自らの幅広い事業活動が、地球の環境に影響を与えていることを強く自覚した上で、エネルギーマネジメントを推進し、地球温暖化防止に積極的に取り組みます。

通信設備における取り組みについて

わたしたちの電力使用量について

わたしたちの電力使用量は、通信設備によるものが大部分を占めています。電力使用量の削減のため、NTTグループ一体となって「トータルパワー改革(TPR)運動(※1)」を推進しています。具体的な取り組みとしては、ネットワーク設備の更改・統廃合や、高効率空調設備への更改および運転台数適正化などに加えて、運用面においても通信機械室の温度設定管理や空調設備の清掃などの施策を推進しています。

※1:トータルパワー改革(TPR: Total Power Revolution)運動:NTTグループ独自の電力エネルギー削減に向けた活動

データセンターの省エネ化への取り組み

近年のICT装置の高密度化および高発熱化が進んでおります。そのため、データセンターの電力使用量は今後ますます増加することが予想されます。

電力使用量の半分程度を占める空調システムの省エネルギー化は極めて重要な課題と言えます。こうした中、わたしたちは、「アイルキャッピング」の導入を進めています。

「アイルキャッピング」とは?

■効率的な空調環境を実現するデータセンター

効率的な空調環境を実現するデータセンター

ラック列間の通路を壁や屋根で区画し、ICT装置への給気(低温)とICT装置からの排気(高温)を物理的に分離して効率的な空調環境を実現する気流制御技術であり、データセンターにおける省エネルギーと高信頼を両立することが可能な最先端の空調ソリューションです。

一つひとつの施策で環境負荷を低減していきます

また、NTT東日本データセンターでは、LED照明の導入により、建物全体の消費電力の削減を進めています。さらに、北海道データセンターでは、北海道の冷涼な外気を活用して消費電力を抑える新型の空調設備を導入しています。

わたしたちは今後も、こうした一つひとつの取り組みにより、データセンターの消費電力を抑える取り組みを実現し、環境負荷の低減に努めてまいります。

※アイルキャッピングはNTTファシリティーズの登録商標です。

給電効率向上による省エネルギー化

わたしたちの具体的な省エネルギー化の方法

ルータやサーバなどのICT(情報通信技術)機器へ給電する際の効率を向上させることは、ICT機器自体の省電力化や空調効率の向上と並んで大きな省エネルギー効果が期待できます。
通信設備で採用されている「直流給電方式」は、「交流給電方式」に比べて直流/交流変換の回数が少ないため、変換で生じる電力損失を低減し、さらに、電力損失よる熱の冷却に必要な空調電力を削減する、というメリットがあります。「直流給電方式」の導入により、「交流給電方式」に比べ、15%程度の消費電力削減が可能になりました。

■直流給電と交流給電の比較

直流給電と交流給電の比較

みなさまにご利用いただいているブロードバンド機器の省電力化

みなさまと取り組む環境負荷の低減

一体型ONU(※3)

一体型ONU(※3)

「フレッツ光」を提供する際に、みなさまのご自宅に設置するホームゲートウェイ(※2)について、省電力化した新機種を開発し、2007年度末からご利用いただけるようになりました。
この装置は、みなさまのインターネット利用が少ない時間帯にLEDランプの消灯や情報処理速度を遅くするなど、みなさまによる省電力設定ができるもので、消費電力を最大10%削減することが可能です。

※2:家庭内の通信機器間を結ぶネットワーク(ホームネットワーク)と外部のネットワークを接続するゲートウェイまたはルータのこと。
※3:Optical Network Unit。パソコン等をネットワークに接続するための装置。

わたしたちのオフィスビルにおける取り組み

照明機器一つから始める環境負荷の低減

本社ビル1Fエントランス

本社ビル1Fエントランス

オフィス電力の削減を目的として、社員の昼休み時の消灯など、節電施策を実施するとともに老朽化した照明の更改や、長寿命かつ消費電力の低いLED照明の導入を行っています。また、グリーンポテト(サツマイモの水耕栽培)による屋上緑化や太陽光発電の導入(グリーンNTT)を進めるなどCO2排出量の削減に取り組んでいます。

環境に配慮した「NTT東日本研修センタ」

わたしたちは「NTT東日本研修センタリニューアル計画」の一環として、環境に配慮した「NTT東日本研修センタ5号館」を新築しました。

具体的には:
〇 採光と発電を両立する「シースルー太陽光発電」
〇 吹き抜け階段を利用し暖かい空気を上部へ逃がす「エコダクト」
〇 太陽光を反射させることで外光を室内に取り込み明るさを確保する「ライトシェルフ」
〇 年間を通じて気温が一定である地下の既存共同溝を利用し空調効率を上げる「クール・ヒートピット」
〇 引き違い窓により新鮮な空気を導入できる自然換気
など、自然エネルギーを利用した設備を導入しています。

その他、屋上緑化やLED照明、壁面緑化等、省エネ技術を用いた、環境と共生する建築物としました。今後もこれらの省エネルギー設備の導入を進めていきます。

わたしたちの再生可能エネルギーへの取り組み

NTT東日本は、電力を消費している事業者として、事業活動による電力使用量の低減を図っていくことも重要な社会的責任の1つであると認識しています。この責任を果たし、低炭素社会の実現に貢献するために、太陽光発電をはじめとする再生可能エネルギーの利用促進に取り組んでいます。

太陽光発電付きWi-Fi自動販売機の設置

自動販売機上部に設置された太陽光発電パネル

自動販売機上部に設置された太陽光発電パネル

自動販売機内部に設置された災害時用搭載バッテリーと自動電源選択回路

自動販売機内部に設置された災害時用搭載バッテリーと自動電源選択回路

NTT東日本では、環境にやさしい太陽光発電付きWi-Fi自動販売機の設置に向けた実証実験に取り組んでいます。自動販売機内にWi-Fi機器を導入して、自動販売機を公衆無線LANアクセスポイント化するとともに、電源の一部に再生可能エネルギーである太陽光発電を導入するもので、太陽光発電パネルによる発電量の計測や、時間帯や気象状況によって最も効率的な電源を自動的に選択する回路の動作状況等の検証を行っています。
日照が良い場合は太陽光発電によりWi-Fiルータ等の通信機器へ電源を供給し、日照不足かつ停電時には災害時用搭載バッテリーから電力を供給することで、通信環境を確保します。太陽光発電と搭載バッテリーを併用し、全自動で最適な電源を選択することで、万が一災害等で商用電源が利用できない場合でも、約3日間にわたって通信可能な状態を維持します。
平常時には、Wi-Fi接続可能な端末があれば、1端末につき1日2回最大15分ずつ、キャリアフリーでインターネットへ接続できるようにします。災害時には無料でインターネットへのWi-Fi接続を開放し、1回の接続で30分間利用可能になり、再接続すれば複数回利用も可能です。

わたしたちの業務用車両での取り組み

わたしたちも「エコドライブ」

わたしたちは、車両保有台数の見直しを図りつつ、ハイブリッド車などの低公害車100%化(工事用特殊車両を除く)を進めています。また、講習会を随時行うなど、全社的に「エコドライブ」の取り組みを進めています。
また、環境省、(独)環境再生保全機構主催の「エコドライブコンテスト」では、2009年度は岩手支店グループが「特別優良活動賞」を受賞、2010年度は岩手支店グループの「特別エコドライブ活動賞」受賞に加えて、北海道支店グループも入賞、2012年度、2013年度と(財)エコロジー・モビリティ財団が主催する「エコドライブ活動コンクール」で岩手支店グループが優秀賞を受賞するなど着実な成果を挙げています。

みなさまがご利用の公衆電話ボックス内蛍光灯のLED化

公衆電話にも環境負荷の低減をしています

公衆電話ボックス内蛍光灯のLED化

公衆電話ボックス内蛍光灯のLED化

CO2排出量削減(※4)と、廃棄物削減(※5)を目的として公衆電話ボックス内蛍光灯(約4万箇所)をLED照明へ順次交換しています。LED照明は従来の蛍光灯と比較して下記の特長があり、環境負荷低減に寄与することができるとされています。

・消費電力が約1/2
・寿命が約5倍(約4万時間)
・水銀等の有害物質を使用していない
・ガラスを使用していないので破損しにくい
※4:2012年度のLED化完了時点で、2008年度比約370t/年間を削減
※5:同LED化完了後の時点で、蛍光灯年間約4万本を削減