• HOME
  • 人を知る / 若手社員のホンネ座談会

若手社員のホンネ座談会

NTT東日本グループで働くのは、実際のところどのような感じなのでしょう?
若手社員4人が集まり、仕事とプライベートをホンネで語り合いました!

Member

田村 聡美

田村 聡美

NTT東日本 - 関信越
長野支店

2017年入社(入社4年目)

寺林 智弥

寺林 智弥

NTT東日本 - 北海道
北海道東支店

2018年度入社(入社3年目)

菊地 里穂

菊地 里穂

NTT東日本 - 南関東
千葉事業部

2019年度入社(入社2年目)

船木 拓也

船木 拓也

NTT東日本 - 東北
秋田支店

2017年度入社(入社4年目)

NTT東日本グループに
入社を決めた理由は?

寺林寺林 智弥

わたしは北海道で生まれ育ったので、「地元で働き、貢献していきたい」という思いで就活をしていたのですが、NTT 東日本グループであれば、北海道で大きな仕事に携わることで、地元に貢献できるのではと思い、入社を決めました。

船木船木 拓也

僕も、過疎化が進行している地域で育ったので、NTT 東日本グループで働くことで、地域に貢献したいと思い、入社を決めました。でも、実を言うと、会社説明会に参加するまでは「インフラの会社」というイメージしかありませんでした(笑)。しかし、会社説明会に参加して、ICT を活用してどんどん新しい分野にチャレンジしている会社であることを知り、やりがいがありそうだなと感じました。

田村田村 聡美

なるほど! わたしの場合、入社の決め手になったのは、女性が働きやすく、かつ活躍できる環境が整っていることですね。就活中に、採用担当の方がとても親身に話を聞いてくださり、結婚・出産などのライフイベントがあっても当たり前のように働き続けられること、職場復帰後も活躍できることを教えていただいたことが非常に大きかったです。

菊地菊地 里穂

それよくわかります! わたしも採用担当の方に悩みや不安をざっくばらんに相談できたのが大きかったです。大学在学中に水も電気もないタイの農村で生活したことがきっかけで、人の生活を支えるインフラを担う仕事をしたいという思いがあったのですが、文系出身なので、自分の学んできたことは通信の領域と乖離しているのではないかと不安に感じていました。しかし、説明会や面接の前に、採用担当の方がその不安や悩みを一つ一つ丁寧に聞いてくれたことが入社の大きな決め手になりました。

ニューノーマル時代、
どのように働いてる?

菊地菊地 里穂

現在、公共のお客さまを担当しているのですが、非常に防災意識が高いので、コロナ禍であるからこそ「平時と変わらない価値」を提供し続けることを使命として取り組んでいます。

田村田村 聡美

なるほど。わたしはお客さまから「自社のリモートワーク環境を構築したい」というご相談をかなり多くいただくようになりましたね。

船木船木 拓也

僕の担当では、オンラインで商談ができるようになったことで、遠方にいる営業支援担当にも、商談に同席してもらったりしています。

田村田村 聡美

オンライン商談といえば、お客さま訪問の移動時間が少なくなったので、業務の効率化が図れましたね。実際、1日に商談できる回数が増えました。

寺林寺林 智弥

わたしの職場でも、自宅やシェアオフィスで勤務できる制度が導入されました。これまでのコミュニケーションは対面がメインでしたので、オンラインのコミュニケーションには最初は正直不安がありました。しかし、実際オンラインツールを活用してみると、意外と問題なくスムーズに業務ができ、安心しましたね。

菊地菊地 里穂

わたしも職場でオンラインツールを活用していますが、チャットを使って、若手社員同士だけではなく、父親と同世代の先輩社員とも、「いいね!」やスタンプを送り合ったりしていて、非常にコミュニケーションが活発になっています(笑)。先輩社員にも相談もしやすいですよ。

船木船木 拓也

チャットグループを活用することで、在宅勤務中のコミュニケーションや情報共有はむしろ活発になったように思います。休憩中にはチャットで雑談もしたりしています(笑)。

菊地菊地 里穂

社内のコミュニケーションは大事ですよね。特に新入社員は、この状況のなかで業務を行うことに、色々な戸惑いや悩みがあったと思います。わたしは出社した際には積極的に話しかけたり、在宅勤務時にはチャットを送ったり、気軽に相談しやすい関係性を作るよう心掛けています。今では、他の人には聞きづらいことや、些細なことでも相談してもらえるようになりました。

田村田村 聡美

わたしたちも、若手社員を中心にリモート飲み会などをすることで、相談しやすい関係性を作るようにしています。以前よりも、別のロケーションの後輩から相談されることも増えました。

寺林寺林 智弥

わたしの職場でも様々なロケーションの若手社員と新入社員を交えて定期的にグループワークを行ったりすることで、お互いのことをより知り合えるような環境を作っています。やはりどの職場でもニューノーマルの働き方が当たり前になっていますね。

2022卒の皆さんへのメッセージ

船木船木 拓也

僕自身、NTT東日本グループに入社して、自分の成長を実感しています。また、自分の長所をよく見てくれるという点で、すごく良い会社だと感じています。後輩社員にはそんな会社の良さや働きやすい環境を作ってくれた先輩社員の思いも一緒に伝えていきたいと思っています!

菊地菊地 里穂

若手社員のうちから大きな案件に携わることもできますし、とてもやりがいのある仕事ができますよ!困ったときには経験豊富なベテラン社員や、相談しやすい若手社員が助けてくれますので、安心して働ける環境が整っていることも魅力だと思います。

寺林寺林 智弥

大きな会社ですが、若手社員が活躍できる場がたくさんあります。「自分が会社を引っ張っていく」という方が入社してくれると嬉しいですね!

田村田村 聡美

わたしたちの一番の強みは「地域密着」です。多くのお客さまが必要としてくれるようなビジネスパートナーになるため、わたしたちと一緒にICTで世の中に付加価値を提供していきましょう!

Q休みの日は何してる?

田村 聡美
先輩に教えてもらったゴルフで、
気分をリフレッシュ!
入社してからはじめたゴルフ。会社の先輩や同期と打ちっぱなしやコースに行っています!
寺林 智弥
異動してきた先で、
新しい趣味に出会いました!
帯広は温泉が有名!北海道東支店に来てからは同期や後輩といろいろな温泉を巡っています!
船木 拓也
冬でも夏でも、
年中サーフィン三昧!
大学ではじめたサーフィン。休日は冬でもウェットスーツを着て、毎週のように海に出ています!
菊地 里穂
甘いものと辛いものを
交互に食べて、ストレス発散!
家でゆっくりするのが好きです。特にスイーツを食べたあとに、辛いものを食べるのが至福の時間!