• HOME
  • 人を知る / 社員インタビュー - #03 岡部 佑太
Interview #03

SEのプロジェクトマネジメント力と
パートナー企業の力をつなげて、
“新たな価値”をうみだせ。

現場第一線のSEが語る!NTT東日本グループのSEとは

Member

  • 岡部 佑太

    NTT東日本 - 関信越
    埼玉事業部
    2016年入社

Work

SEがプロジェクトマネージャとなって
ソリューションの設計・構築を主導!

お客さま

NTT東日本グループのヒトやサービス

SE
(プロジェクトマネージャ)

パートナー企業のヒトやサービス

様々なヒトやサービスを組み合わせ、
お客さまに合わせた
最適なソリューションとして形にし、
地域社会の発展に貢献!

Interview

自身の成長を
ICTソリューションという形に

NTT東日本グループのSEはお客さまへの最適なICTソリューション導入に向け、提案から設計、構築、保守運用までを担当します。技術的な目線でお客さまのニーズを捉え、自社のサービスに限らず国内外のパートナー企業のサービスを組み合わせることで、最適なソリューションを実現しています。

NTT東日本グループでは多岐にわたるお客さまの課題解決をしていますが、わたしは自治体を担当しており、現在はネットワークシステムの導入案件に携わっています。提案時から営業と一緒に県や市といったお客さまを訪問し、最適なネットワークシステムの提案を技術面からサポートしています。また、よりよいネットワークシステムを提供するためのパートナー企業の選定や、予算内に収めるための価格交渉を行うのもSEの仕事です。設計、構築時には、余裕をもったスケジュールの策定と実行管理を中心に、プロジェクトマネージャとして案件を推進しています。

NTT東日本グループやパートナー企業にはその分野に長けたプロフェッショナルがたくさんいます。日々の業務の中で、多くの人に関わり、自分が知らない分野の知識がどんどん蓄えられるところはNTT東日本グループならではの経験だと思います。わたし自身もよりよいICTソリューションをお客さまに提供するために、フォーラムやセミナーに積極的に参加し、新しい技術や知識に触れる機会を多く持つよう心がけています。

サービスやノウハウを組み合わせて、
地域に貢献したい

仕事をする中で嬉しい瞬間は、お客さまから感謝されたときです。以前、県庁のネットワークシステムを構築した際、お客さまから「便利になった」「ありがとう」と感謝の言葉をいただき、とてもやりがいを感じました。また、とある市の教育ネットワークシステムを構築した際、運用が上手くいかないというトラブルが発生したことがありました。その際、発生したトラブルに対してひとつひとつ対応管理票を作り、チェックを重ねて改善した結果、最終的にお客さまに満足してもらえるシステムを構築することができました。もちろん、トラブルはないに越したことはありませんが、その後、繰り返さないための原因究明や対処をしっかりと実行できたとき、お客さまの満足だけでなく、自身の成長にも繋がったと感じます。

今後もSEとして、NTT東日本グループ内外のサービスや知見を組み合わせ、最適なICTソリューションをお客さまに提供することで、地域社会の活性化に貢献したいと考えています。

Question

Q1繁忙期はどうやって乗り越えているの?
A.TODOをしっかり把握し、優先度を明確にすることで一つずつ目の前にあるタスクをこなすよう意識しています。
Q2職場の雰囲気は?
A.プロフェッショナルが集まっているので、様々な案件においてサポートし合える職場です。
Q3今新たに挑戦していることは?
A.異業種、同業他社との交流です。自身の知らないシステムや技術について触れることで、業務に活かせるよう積極的に交流を図っています。
Q4今の仕事はどんなタイプが向いていると思う?
A.お客さまと顔を合わせる機会が多いため、社交的で自分の思いをしっかりと発信できる方が向いていると思います。
Q5新入社員の時、どうやってSEの勉強をしたの?
A.多くの案件に携わるようにしました。また、先輩社員が親身になって教えてくれたのでスキルアップできました。