支店ホーム > お知らせ > 神奈川県畜産関係者に「スマート畜産」事例を紹介〜 神奈川県・神奈川県営農指導協議会主催の畜産技術研修会で講演協力 〜


(報道発表資料)



神奈川事業部


2022年7月29日

神奈川県畜産関係者に「スマート畜産」事例を紹介
〜 神奈川県・神奈川県営農指導協議会主催の畜産技術研修会で講演協力 〜

東日本電信電話株式会社 神奈川事業部(執行役員 神奈川事業部長:中西 裕信、以下「NTT東日本」)は、神奈川県・神奈川県営農指導協議会主催の畜産技術研修会において、「スマート畜産」事例を紹介する講演協力を行いました。


1.「畜産技術研修会」の開催概要

(1)日時:2022年7月28日(木) 13:30〜16:00
(2)開催場所<オンライン配信元>:JAグループ神奈川ビル 
(3)主催:神奈川県、神奈川県営農指導協議会
(4)参加者:JA、JA県信連、JA全農かながわ、県農業関係機関、県畜産団体
(5)研修内容
■基調講演「つなぎ牛舎での発情等牛群管理に資する牛ウェアラブルセンサーの開発」
麻布大学獣医学部臨床繁殖学 吉岡 耕治 教授
■事例紹介「先進技術を活用したスマート養豚業」
臼井農産 臼井 欽一 社長
   NTT東日本 神奈川事業部 地域ICT化推進部 川畑 直樹


2.「先進技術を活用したスマート養豚業」の紹介事例

飼料価格の高止まりや、高齢化・後継者不足による労働力の減少など、畜産経営の厳しい状況に対応するために、様々な先進技術を活用したスマート畜産業による省力化・軽労化を図りながら高品質な畜産物を効率的に生産することが重要との認識に立ち、臼井農産の農場で行っているクラウドAIを活用した「咳音検知」<*1>「体重測定」<*2>の実証実験の取り組みを紹介しました。

<*1> https://www.ntt-east.co.jp/kanagawa/information/detail/20211101_01.html
<*2> https://www.ntt-east.co.jp/kanagawa/information/detail/20210607.html

     external_image external_image
     左)NTT東日本 川畑、右)臼井農産 臼井社長   オンライン配信会場模様

(参考:関連する取り組み)
「スマート畜産」普及に向けた無線通信環境の構築実証実験
〜プラチナバンドのIoT向けWi−Fi 「IEEE 802.11ah」の活用〜
https://www.ntt-east.co.jp/kanagawa/information/detail/20220209_001.html

IoTセンサーを活用したCO2濃度と豚飼育状況の相関に関する実証実験
〜養豚における安全な品質および生産効率向上の実現を目指して〜
https://www.ntt-east.co.jp/kanagawa/information/detail/20210419.html


3.今後に向けて

NTT東日本は、弊社グループが持つ、営業や設備業務において現場第一線で活動する社員などの地域密着力の特長を活かし、「地域の未来を支えるソーシャルイノベーション企業」として、ICTソリューションのご提供にとどまらず、夢や希望を感じられる社会づくりまで支援していきます。