支店ホーム > CSR活動 > 特殊詐欺撲滅に向けた取り組み


特殊詐欺撲滅に向けた取り組み


令和2年中の神奈川県内における特殊詐欺の被害状況は、神奈川県警察が認知しているだけでも、「認知件数:1,772件、合計被害額:約33億4,100万円」も発生しています。 (※1)

被害者の傾向は、60歳以上が約95%を占めています(※1)

・“1日平均”すると「毎日5件・毎日915万円」の被害が発生しています。 (※1)
・全国2位の認知件数となっています。(期間:2020/1〜2020/12)(※2)

【神奈川県警察の特殊詐欺認知状況】※1


※1 引用_神奈川県警察ホームページ(2021年5月)_https://www.police.pref.kanagawa.jp/mes/mesc2005.htm
※2 引用_警察庁ホームページ(2021年5月)_https://www.npa.go.jp/bureau/safetylife/sos47/circumstances/

詐欺の手口は巧妙化・複雑化し、金銭的な被害に留まらず、人命にかかわる事件も発生しています。
自分は大丈夫と過信せず、ご自身でも特殊詐欺の対策を実践頂くと共に、ご家族や地域(周り)の方々へも注意喚起のご協力をお願いいたします。

【NTT東日本神奈川事業部の取り組み】

・故障修理等保守員が訪問した際に、神奈川県警察にて作成した特殊詐欺等の注意喚起チラシを配布しています。

    【配布チラシイメージ】


・横浜信用金庫との連携

横浜信用金庫で年金を受給している方に向けたダイレクトメール紙面の一部に、NTT東日本が提供するサービスの一例を紹介することで、注意喚起とともに被害抑止に取組んでおります。

https://www.ntt-east.co.jp/kanagawa/information/detail/20210322.html

【特殊詐欺対策サービスについて】

NTT東日本グループは、お客さまにできるだけ安心して電話をご利用いただけるよう、「特殊詐欺対策サービス」を提供しています。

特殊詐欺対策サービスとは・・・

通話録音機能付き端末(特殊詐欺対策アダプタ)に録音した通話録音データをクラウドに転送、サーバ(特殊詐欺解析サーバ)にて解析します。

特殊詐欺であると疑われる場合には、ご本人や親族の方等の予め登録された電話番号やメールアドレスに注意を促す連絡が入ります。

これにより、ご本人や親族の方等が詐欺の危険性を察知することが可能となります。

<主な機能> 
•しつこい勧誘の電話や迷惑電話はその番号を通話録音機能付き端末(特殊詐欺対策アダプタ)へご登録いただくことで着信をブロックすることができます。(拒否リスト機能)
•ご家族やご友人の電話番号をあらかじめ通話録音機能付き端末(特殊詐欺対策アダプタ)へご登録いただくことで当該電話番号との通話は、録音、解析の対象外になり、安心して通話をお楽しみいただけます。(許可リスト機能)

<ご留意事項> 
※本サービスは、特殊詐欺被害の防止を保証するものではありません。お客さまが、特殊詐欺による被害を受けた場合でも、当社はその責を負いません。
※ご利用にはNTT東日本からご提供している加入電話(住宅用)、加入電話・ライトプラン(住宅用)、INSネット・ライト(住宅用)、INSネット(住宅用)のいずれかの電話サービスのご契約が必要です。また初期費用や月額利用料がかかります。各サービスの料金等については、https://web116.jpからご確認ください。
※ご利用には通話録音機能付き端末(特殊詐欺対策アダプタ)によって録音された音声ファイルを弊社およびNTTコミュニケーションズ社(特殊詐欺解析サーバ提供会社)にご提供いただく必要がございます。
※通話録音機能付き端末(特殊詐欺対策アダプタ)は、無線通信を利用しているため電波の状態によっては、通話録音内容のAI解析ができない場合があります。

チラシのダウンロードはこちらから