企業情報


ホーム > 企業情報 > お知らせ・報道発表 > 報道発表資料 > 2018年 > 3月


報道発表資料

2018年3月9日
NPO法人チームふくしま
東日本電信電話株式会社

「福島ひまわり里親プロジェクト」へのひまわりの種贈呈について〜NTT東日本グループで育て採取した種は111kg、4年目の取り組み〜

NTT東日本グループでは、福島の復興に向けた活動の一つとして、NPO法人チームふくしまが展開する、「福島ひまわり里親プロジェクト※1」へ2014年度より参加しています。このプロジェクトはNPO法人チームふくしまが、東日本大震災で被災した福島への復興支援活動として2011年より展開しています。

このたび、NTT東日本のこれまでの取り組みが「企業のCSR事業として福島の復興に貢献している」と認められ、NPO法人チームふくしまが主催する「ひまわり甲子園2018全国大会※2」に招待いただきました。同大会内で行われる贈呈式にて、NTT東日本グループが2017年度に栽培・採取したひまわりの種、約111kgを寄贈致します。

NTT東日本とNPO法人チームふくしまは、福島のさらなる復興の推進を目的に、福島県の観光資源であるひまわり畑の拡大をめざし、双方の強みを活かした取り組みを引き続き検討してまいります。

  • ※1「福島ひまわり里親プロジェクト」
    ひまわりを全国各地でいわば「里親」として育て花を咲かせて採取し、その種を福島の地で「復興のシンボル」として咲かせることによって、雇用・教育・観光分野の復興に繋げ、日本全国と福島の『絆』を深めるプロジェクトです。
    2017年までの6年間で累計25万人(推計)が福島の復興を願い、ひまわりを育てています。全国から届いたひまわりの種累計約10トン(19万袋)は、福島県内の小中学校、高校をはじめ、市町村や観光施設、企業や諸団体などへ寄贈し、福島県内で採取した種は、油を絞りバイオエネルギーとして福島交通?のバスの燃料として活用しています。
  • ※2「ひまわり甲子園2018全国大会」
    「福島ひまわり里親プロジェクト」に取り組む全国の里親が、復興支援活動を通じて感じたことを発表する大会です。

贈呈式概要

日時 2018年3月11日(日) 12:05〜
  • 「ひまわり甲子園2018全国大会」は、9:00〜13:00にて開催されます。
場所 エルティ ウェディング・パーティ エンポリアム 1F スクエアルーム
(福島県福島市野田町1-10-41)
贈呈者 NTT東日本 ITイノベーション部 部長 北口 隆也
贈呈先 NPO 法人チームふくしま 公式キャラクター「たびくまくん」
福島県子ども代表 鈴木陽介さん、今井美空さん、松井里花さん、松井絵里さん
贈呈内容 NTT東日本グループ社員、および退職者が栽培・採取したひまわりの種(約111kg)

(参考)栽培模様


里親による栽培により開花


種の収穫

報道発表資料に記載している情報は、発表日時点のものです。
現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。