企業情報


ホーム > 企業情報 > お知らせ・報道発表 > 報道発表資料 > 2016年 > 5月


News Release 東日本電信電話株式会社

2016年6月8日

タブレット端末がより直感的に操作できるプラットフォームサービスの提供〜企業向け「かんたんタブレットサービス」を6月20日より提供開始〜

  • NTT東日本は、インターネットに不慣れなシニア層等に自社サービスの展開を図りたい法人のお客さま向けに、「かんたんタブレットサービス」(以下、本サービス)を2016年6月20日より全国で提供開始いたします。
  • 本サービスは、タブレット端末のより直感的な操作を実現する、「大きなボタンを用いた初心者向けポータル機能」や「オンラインショッピングサイト等への自動ログイン機能」等のプラットフォームを提供するほか、「電話サポート・遠隔サポート」を提供するサービスです。
  • クラウド型の本サービスは、エンドユーザーの規模に合わせた導入が可能であるため、法人のお客さまは初期費用を抑えながら、インターネット初心者の方でも利用しやすいタブレット活用サービスを構築することができます。

1.背景

NTT東日本は、これまでシニアの方々を対象としたタブレット教室の開催等、インターネット未利用層・初心者層のICT利活用を促進する取り組みを進めてまいりました。

その中で、①市販のタブレット端末の画面表示のわかりづらさ、②オンラインショッピングサイト等へのログイン時に必要なID・パスワードの管理や入力の煩雑さ、③利用方法を聞く人がいない等、シニア層をはじめとしたインターネット初心者の方々がインターネットをご利用する際の障壁が存在することがわかりました。

そうした障壁を払拭し、法人のお客さまがシニア層の方々にもより便利で快適なサービスが提供できる環境を実現するために、クラウドサービス「かんたんタブレットサービス」を提供開始します。

  • 取り組みの一環として行われた本サービス関連のトライアルを通して、インターネット未利用層・初心者層からいただいたお声について は、「【参考】トライアルアンケート結果」をご参照ください。

2.サービス概要

本サービスはインターネットに不慣れなシニア層をはじめとしたエンドユーザーが必要とする、「従来のタブレット端末よりもさらに直感的な操作が可能」となる利用環境を提供します。

本サービスのご利用に必要となる「かんたんタブレットアプリ」をタブレット端末※1にダウンロードし、ログインすることで、法人のお客さま独自のシンプルで分かりやすいポータル画面が表示され、エンドユーザーは、大きなボタンで簡単に法人のお客さまが提供するインターネットサービス等を選ぶことができるようになるほか、オンラインショッピングサイト等へは自動ログインが可能となります。※2

また、利用方法等に関する電話での問い合わせにもNTT東日本のコールセンターが窓口となって一次対応を行うことに加えて、オペレーターによるタブレット端末の遠隔サポート※3も可能となります。

  • ※1Androidを搭載したタブレット等の情報端末でご利用が可能です。 対応機種についてはお問い合わせ下さい。
  • ※2webサイトの初回ログイン時にID・パスワードの登録を行うことで、2回目以降は自動でのログインが可能となります。
  • ※3遠隔操作を行うためのツールを利用したサポートとなります。対応機種については、以下URLをご確認ください。
    https://flets.com/osa/remote/pdf/device_for_android.pdf PDF[336KB]

<画面デザインのイメージ>

3.提供条件

ポータル画面の作成・運用を実施できれば、どなたでもお申し込み・ご利用いただけます。

全国エリアでのご利用が可能です。

4.提供料金等

  1. (1)月額利用料(税抜)
    • 1IDごとに400円
  2. (2)工事費用(税抜)
    • 初期設定工事費:1法人あたり80,000円
    • ポータル更新工事費※4:1回あたり20,000円〜50,000円
  • ※4サービス利用開始後にポータル画面の変更を希望する場合のみ。詳細は弊社販売担当者にお問い合わせください。

5.提供開始日

2016年6月20日(月)

6.お申し込み・お問い合わせ先

弊社販売担当者または以下メールまでお問い合わせください。

メールアドレス:kantan_tablet@ml.east.ntt.co.jp

報道発表資料に記載している情報は、発表日時点のものです。
現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。