企業情報


ホーム > 企業情報 > お知らせ・報道発表 > 報道発表資料 > 2015年 > 3月


News Release 東日本電信電話株式会社

2015年3月10日

福島県、宮城県、岩手県を産地とする食材等の社員食堂での利用について
〜復興庁と連携した復興支援の取組み〜

  • NTT東日本は、復興支援活動の一環として、被災地の農産物を優先的に仕入れ、これまでも社員食堂で利用しておりますが、2015年4月以降についても、未だ震災による風評被害が残る福島県の農産物を、優先的に社員食堂で利用します。
  • また、復興庁主催の地域復興マッチング「結の場」参加企業として、本年度の開催地であった宮城県多賀城市・気仙沼市、岩手県大船渡市の被災企業(食品製造、水産加工)の商品を利用した『結の場特別メニュー』を社員食堂で提供する予定です。
  • これらの取組みを通じて、被災地・被災企業の復興に向けた取組みを支援してまいります。
  • 地域復興マッチング「結の場(ゆいのば)」について
    復興庁では、被災地域の企業が抱える多様な経営課題の解決を図るため、大手企業等が、技術、情報、販路など、自らの経営資源を幅広く提供する支援事業の形成の場として、「地域復興マッチング『結の場』」を実施しています。
    復興庁ホームページ:http://www.reconstruction.go.jp/topics/main-cat4/sub-cat4-1/yuinoba.html新規ウィンドウで開く

1.取組みの目的

東日本大震災の発生から約4年が経過した現在でもなお、被災地では、復興に向けた取組みが続いておりますが、NTT東日本は、被災地の食材や被災企業の商品の社員食堂での利用を通じて、復興に向けた取組みを支援してまいります。

2.実施概要

NTT東日本の社員食堂において、下記の取組みを実施します。

  • 福島県産の食材を優先的に仕入れた上でメニューとして提供。
  • 復興庁主催「結の場」参加企業として、本年度開催地であった宮城県多賀城市、気仙沼市・岩手県大船渡市の被災企業(食品製造、水産加工)の商品を利用した『結の場特別メニュー』を提供(予定)。
実施食堂 利用者数(1日平均) 開始時期
本社ビル(初台) 1,700人 2015年4月頃
(準備が整い次第)
品川TWINSビル 2,000人
仙台五橋ビル(第1、第2ビル) 1,000人

報道発表資料に記載している情報は、発表日時点のものです。
現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。