企業情報


ホーム > 企業情報 > お知らせ・報道発表 > 報道発表資料 > 2015年 > 1月


2015年1月26日
シンラ・テクノロジー・インク
東日本電信電話株式会社
テコラス株式会社

報道関係者各位

シンラ・テクノロジー、NTT東日本、テコラスによる次世代クラウドゲームのテクニカルβテスト実施

シンラ・テクノロジー・インク(本社:米国ニューヨーク州、代表:和田 洋一、以下「シンラ・テクノロジー」)、東日本電信電話株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:山村 雅之、以下「NTT東日本」)及びテコラス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:嶋田 健作、以下「テコラス」)は、シンラ・テクノロジーが展開する次世代クラウドゲームのテクニカルβテストを2015年2月17日(火)より実施します。

クラウドゲームは、新たなエンターテインメントとして国内外の事業者が参入しつつありますが、高品質なゲームを円滑にお客さまに提供するためには、安定したインフラ環境の構築が課題となっております。

シンラ・テクノロジーは、高品質で全く新しいゲーム体験をお客さまに提供するためのインフラ環境として、NTT東日本が提供している低遅延で安定的な通信が可能なNGN接続サービス「フレッツ・キャスト※1」およびインターネット接続サービス「フレッツ 光ネクスト」と、ゲーム配信に特化した技術サービスに実績があるテコラスのデータセンターを採用し、今後の商用化を見据えたテクニカルβテストにおいて、3社で安定動作の確認および技術検証を行ってまいります。

  • ※1コンテンツプロバイダさまなどの配信サーバをNGNに接続し、映画・音楽等のコンテンツを、IPv6通信により「フレッツ 光ネクスト」をご契約のお客さまに配信するコンテンツプロバイダさま向けのサービスです。
    詳細はホームページ(https://flets.com/cast/新規ウィンドウで開く)をご覧ください。

シンラ・テクノロジーの和田はインフラ環境の重要性について次のように述べています。
「革新的な技術によって新しいゲーム体験を実現するためには、コンテンツ、インフラ環境、ビジネスモデルの全てを抜本的に変えなければなりません」

クラウドゲーム概要

クラウドゲームは、これまで手元のゲーム機等で行われていたゲームの処理を全てサーバ側で行い、画面にゲームをストリーミング配信する仕組みです。

シンラ・テクノロジー・インクとは

シンラ・テクノロジーは、独自技術を核として、クラウドゲーム事業の運営を行う会社です。データセンター、回線等、基盤を形成するパートナー企業に技術的支援を行うことでクラウドゲーム固有の環境を構築し、意欲的で優れた開発スタジオと密接に協力する中で新体験のゲーム開発を促し、同社がハブとなって、クラウドゲームとそれに付随したコミュニティサービスをお客さまに提供してまいります。

  • シンラ・テクノロジー/Shinra TechnologiesおよびShinra Technologiesロゴ、その他の社名、商品名は、日本およびその他の国におけるスクウェア・エニックス・グループの商標または登録商標です。
  • その他、記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

報道発表資料に記載している情報は、発表日時点のものです。
現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。